FC2ブログ
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月30日

● アイシテル - 海容 - 第3話 「告白…少年の殺意」

アイシテル - 海容 - 第3話 「告白…少年の殺意」

野口さつきの5年生の息子・智也が、小沢聖子の息子・清貴を殺害した容疑で、
少年鑑別所に収容されてしまう。面会に行ったさつきは自分を拒絶する智也の態度に
ショックを受けるが、担当の調査官・富田の励ましで、母親として智也と向き合う決心をする。
いっぽう小沢家では、自分のせいで清貴が死んでしまったと自分を責め続ける聖子を、
娘の美帆子と夫の秀昭が必死に支えていた。そのころさつきは智也の担任と会い、
「智也くんはまわりを和ませる少年だった」と聞かされる。さらにある出来事を目撃した
同級生から「智也はお母さんを好きだった」と言われたさつきは、
気づかなかった息子の想いを知って涙がとまらなくなる。さらにさつきは家を出た
夫の和彦とお互いにぶつかり合いながらも、初めて本音で話しあっていることに気づく。
おなじころ、智也は富田に少しずつ事件のことを語り出していた。
そして聖子も次第に落ち着きを取り戻し始めていたある日、美帆子は友人と入った
ファミリーレストランで、偶然さつきと富田の会話を聞いてしまう――(公式HP

・脚本 …… 吉本昌弘 / 演出 …… 吉野洋
・出演 …… 稲森いずみ ・ 板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷 ・ 嘉数一星 ・ 佐藤詩音 ・ 山本太郎
        田中美佐子 ・ 吉川史樹 ・ 田畑智子 ・ 藤田弓子 ・ 高山猛久 ・ 志村玲那 ・ 折山みゆ etc
・主題歌 …… MONKEY MAJIK 「アイシテル」 (binyl records)
・挿入歌 …… 新垣結衣 「うつし絵」 (ワーナーミュージック・ジャパン)
・原作 …… 伊藤実 「アイシテル - 海容 -」 (講談社)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 後編 (2)アイシテルうつし絵うつし絵(通常盤)

続きを読む・・・
スポンサーサイト

2009年04月23日

● アイシテル - 海容 - 第2話 「禁断の葬儀」

アイシテル - 海容 - 第2話 「禁断の葬儀」

小学生の母親として、また妻として、ごく普通の生活を送っていた主婦の野口さつき。
しかし5年生の息子・智也が、小沢聖子の息子・清貴を殺害した罪で
警察に保護されてしまった。淡々と殺人を認める智也に、さつきと夫の和彦は
「なぜうちの子がこんなことを・・」「自分たちの育て方が間違っていたのか・・」と悩み苦しむ。
いっぽう聖子もまた、ニュースで小学生が犯人だという事実を知りショックを受けていた。
だがなによりも聖子を苦しめていたのは「私がランチのために15分家を空けなければ、
キヨタンはいなくならなかった」という、母親としての責任と後悔の念だった。
見えないキヨタンにあやまり、話しかける聖子の様子を、娘の美帆子や夫・秀昭は心配する。
やがてさつきと和彦のマンションにはマスコミが殺到し、ドアに落書きがされるなど、
嫌がらせが相次ぐようになる。そんななか清貴の告別式が行なわれることを知ったさつきは、
告別式へ向かう。しかし、最愛の息子を奪われた小沢家の悲しみに触れたさつきは、
いたたまれなさにその場を立ち去ってしまう。
そんなさつきに智也の事件を担当する家庭裁判所の調査員・富田が声をかける。
自身も小学4年生の息子の母である富田は、堅く心を閉ざした智也に対しても
気さくに温かく接し、智也も少しずつ心を開いていく――(公式HP

・脚本 …… 高橋麻紀 / 演出 …… 国本雅広
・出演 …… 稲森いずみ ・ 板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷 ・ 嘉数一星 ・ 佐藤詩音 ・ 山本太郎
        田中美佐子 ・ 吉川史樹 ・ 田畑智子 ・ 藤田弓子 ・ 高山猛久 ・ 志村玲那 ・ 折山みゆ etc
・主題歌 …… MONKEY MAJIK 「アイシテル」 (binyl records)
・挿入歌 …… 新垣結衣 「うつし絵」 (ワーナーミュージック・ジャパン)
・原作 …… 伊藤実 「アイシテル - 海容 -」 (講談社)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 後編 (2)アイシテルうつし絵うつし絵(通常盤)

続きを読む・・・

2009年04月16日

● アイシテル - 海容 - 第1話 「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

アイシテル - 海容 - 第1話 「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

野口さつきは小学5年生の智也と夫・和彦のごく普通の3人家族。
さつきの目下の関心事は智也の進学だ。智也の塾代にとウェイトレスのバイトをし、
栄養バランスを考えた食事を摂らせるなど気を配っている。
肝心の智也は最近ロクに口もきいてくれないが、さつきは「男の子はそんなものかも」と
あきらめぎみだ。いっぽうの小沢聖子もまたどこにでもいる主婦。
小学2年生の清貴と中学生の美帆子、夫・秀昭の4人家族のなかで、
かわいいざかりの清貴は家族のマスコット的存在だ。姉の美帆子だけは甘え上手な弟と、
そんな弟を可愛がる母親をやや冷ややかな目で見ている。
そんなある日、聖子が友人とのランチでわずか15分間家を空けたすきに清貴が帰宅し、
ランドセルを置いたままどこかへ行ってしまった。必死で清貴を探す聖子。
だが家族の願いと警察の捜索もむなしく、清貴は遺体となって発見される。
自分さえ家にいれば清貴は死ななかった…と、後悔の念にさいなまれる聖子。
それからしばらくして、さつきの家に刑事がやってくる。清貴ちゃん殺しの容疑者として、
塾帰りの智也を保護したというのだ。そんなことあるわけがない、と耳を疑うさつき。
だが保護中の智也はあっさりと犯行を供述してしまう。ショックを受け狼狽するさつき。
そんなさつきに、夫の和彦が子育てする母親の責任を問い始め……(公式HP

・脚本 …… 高橋麻紀 / 演出 …… 吉野洋
・出演 …… 稲森いずみ ・ 板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷 ・ 嘉数一星 ・ 佐藤詩音 ・ 山本太郎
        田中美佐子 ・ 吉川史樹 ・ 田畑智子 ・ 藤田弓子 ・ 高山猛久 ・ 志村玲那 ・ 折山みゆ etc
・主題歌 …… MONKEY MAJIK 「アイシテル」 (binyl records)
・挿入歌 …… 新垣結衣 「うつし絵」 (ワーナーミュージック・ジャパン)
・原作 …… 伊藤実 「アイシテル - 海容 -」 (講談社)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 後編 (2)アイシテルうつし絵うつし絵(通常盤)

続きを読む・・・

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。