FC2ブログ
2008年04月26日

● パズル Piece 2 「浮遊する岩! 百年の祟り! 謎の巫女」

パズル

100年に一度たたりがあり、いけにえを捧げないと3人の村人に死の天罰が下るという
言い伝えが残るひなびた村。今年が丁度その100年目にあたるということで、
村人たちはパニック寸前。そんな状況を憂えた村の神社の神主が、
たたりの謎を解き明かした者に100万円と牛一頭を提供すると言い出した。
それを知ったゆうこは、今村に話を持ちかけ、労せずして商品を手に入れようと画策する。
ゆうこにそんな思惑があるとは思いもしない今村は、
塚本と神崎を誘って村を訪れる算段を進める。しかし、儲け話に鼻が利く鮎川が
その話を聞きつけ、またも強引に謎解きツアーに割り込んでくる。(公式HP

・脚本 …… 蒔田光治 / 演出 …… 宮下健作
・出演 …… 石原さとみ ・ 山本裕典 ・ 木村了 ・ 永山絢斗 ・ 岩田さゆり ・ 佐藤千亜妃 ・ 朝倉あき
        若村麻由美 ・ 池津祥子 ・ 大鶴義丹 ・ 河原さぶ ・ 塩見三省 ・ 久保田磨希 ・ 黒部進 etc
・主題歌 …… 倖田來未 「Moon Crying」 (rhythm zone)

pzl_20080425_002.jpg

pzl_20080425_003.jpg

常に儲け話を持ってくる割には、いまいち存在感がないのがもったいない。
鮎川をうまく騙すような腹黒さをもう少しだした方が、
鮎川たちのと間で、もう少し緊張感をもって物語が展開していけるかと。

pzl_20080425_004.jpg

pzl_20080425_005.jpg

pzl_20080425_006.jpg

しかし、どんなことをしようとトリックがねぇ・・・。
滑車のトリックもがっくりしたけど、さらに酷いのが岩・・・。
岩がハリボテ・・・そんなの誰でも一目で分かるから・・・どんなオチかと、びっくり。
もう、あぶりだしネタも結構ですから。
小ネタはあくまでおまけ。面白いものを作りたいなら、ちゃんとした根本を考えないとね。
まあ、石原さとみPVでいいや。っていうなら、これで十分ですけど。

pzl_20080425_007.jpg

男子高校生も相変わらず一山いくらの世界から抜け出せず、もったいない。
学生なんだから、数学の天才、物理の天才、歴史の天才とか、
どんだけでも個性を出すことは簡単な設定なんだから、なんとかすればいいのに。

スポンサーサイト



メイン

コメント


録画でしたがさすがに今回は・・・(^^ゞ
私も管理人さんに賛成です!
男子高校生にはもっと個性出してほしいですね~
また、逆に3人の女生徒の役目は男子高校生で出来るのではと思いますが・・・。

来週は確か大河「風林火山」で武田信玄役の市川亀治郎さん、再来週が木の実ナナさんです。
ゲスト豪華なんですがね!

>アリーさん

なかなかあれですね(笑)

結局、男子高生も女子高生もいまいちな役回りになってしまっているのは、設定があまいんでしょうね。頭の中は、ゲストのことしか考えてないのではないでしょうか!次々とゲストは豪華ですね~

内容がついていかないのにゲストを目玉にするなら、もうこの際、「美沙子の部屋」にしてトーク番組に・・・。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック