FC2ブログ
2008年04月29日

● 猟奇的な彼女 2回戦 「恋は、タイミング」

猟奇的な彼女

凛子とホテルから出てきたところを南に見られてしまった三朗。
ようやく南を説得し、誤解を解くことが出来たと思ったそのとき、
凛子が三朗の隣の部屋に引っ越してくる。何とか追い出そうとする三朗。
しかし、凛子は聞く耳を持たない。ある日、凛子が三朗のいる大学を訪れる。
初めは南に好意を寄せていた健作だが、凛子が三朗の知り合いだとを知ると、
「南は三朗に譲るから、その代わりに凛子を紹介しろ」と言い出す。(公式HP

・脚本 …… 坂元裕二 / 演出 …… 土井裕泰
・出演 …… 草剛 ・ 田中麗奈 ・ 松下奈緒 ・ 鈴木えみ ・ 山田親太朗 ・ 大石参月 ・ 千野裕子 ・ 上川隆也
        小久保利恵 ・ コッセこういち ・ 松嶋尚美 ・ 市毛良枝 ・ 谷原章介 ・ 菊地康二 etc
・主題歌 …… 米米CLUB 「つ・よ・が・り」 (ソニー・ミュージックレコーズ)
・原作 …… キム・ホシク 「猟奇的な彼女」 (日本テレビ放送網)

猟奇的な彼女猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版COMIC猟奇的な彼女 (Vol.1)COMIC猟奇的な彼女 (Vol.2)つ・よ・が・り(初回生産限定盤)(DVD付)

松下奈緒

前回のわらしべエピソードといい、今回の食事消滅パターンといい、
ちょっと同じことの繰り返しはくどいかな。

田中麗奈

そもそもの前提として、凛子が三朗にこだわる理由が明確でなく・・・
やたらと三朗と南の仲を邪魔するような行動の意味が分からないために、
なおさら、とってつけたようなシーンになってしまったような気がします。

田中麗奈

そして、あれだけ嫌がった観覧車に三朗とあっさり乗ってしまう意味も不明。
凛子は、もう三朗のことを好きなんだよ!という解釈をしても良いのだろうけど、
そうすると、略奪愛的なことも含めて猟奇的な彼女となっちゃうよ、と。

松下奈緒

南が夏目に興味を持ち始める気持ちというのは分からなくない話ですね。
だいたい数年ぶりに会って、子供の頃のイメージのままの好きという感情自体が
まやかしみたいなものだし。現実の三朗はイメージしていた男性じゃないと、
うすうす無意識に感じることはよくあるし、自分を持っていてどこか余裕を感じれる
男性に惹かれるっていうのは、よくある話のようにも思えます。

鈴木えみ

大石参月

今回の鈴木えみさんと大石参月さん。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●そうなんだよねぇ。
凛子は三朗のことが好きになっちゃったんだな、と思って見てないと なんか頷けないんだよね。だから、そういう感じで見ていますよ。

>あんさん

もう凛子が三朗のことを好きだとしたら、好きのポイントがわからないんですよね・・・。
つまらなくはないんですが・・・ずっと、ぼちぼちのままいってしまいそうです。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック