FC2ブログ
2008年05月17日

● パズル Piece 5 「イケメン争奪! 旧家の花嫁選び」

パズル

資産家の跡取り息子との合コンに無理矢理潜り込んだ鮎川は、
そこで、権藤正一郎という60絡みの男から結婚を申し込まれる。彼によると、
先祖は徳川幕府の金庫番をやっていた小栗上野介の片腕と言われた人物で、
権藤家には幕府の財宝の一部を屋敷の近くに埋めたという言い伝えが残されているらしい。
そして、先祖代々伝わる暗号を解けば、その隠し場所が分かるのだという。
ただし、正一郎が知っている暗号のヒントは半分だけで、
残りの半分は結婚した時、自然と明らかになる仕掛けとのこと。(公式HP

・脚本 …… 遠藤彩見 / 演出 …… 片山修
・出演 …… 石原さとみ ・ 山本裕典 ・ 木村了 ・ 永山絢斗 ・ 岩田さゆり ・ 佐藤千亜妃 ・ 朝倉あき
        山本陽子 ・ 笹野高史 ・ 川俣しのぶ ・ 小野敦子 ・ 越智静香 ・ 渋谷琴乃 ・ 草村礼子 etc
・主題歌 …… 倖田來未 「Moon Crying」 (rhythm zone)

pzl_20080516_002.jpg

pzl_20080516_003.jpg

pzl_20080516_004.jpg

pzl_20080516_005.jpg

ミステリアスな雰囲気作りは良いし、
こういった設定にはよくある悲哀の恋の物語なんだけど・・・
いかんせん、肝心の謎解きが相変わらず。
質の問題というよりも、解決の仕方が非常に悪いのが欠点。
謎解きで重要なのは、簡単には分からない問題に対し、ヒントが散りばめられ、
何かがあることで、ひとつひとつのヒントが繋がって、最終的な答えになる。
その時に、答えはこうなんじゃないか?と視聴者にも考えさせることで、
ドラマの世界に引きずり込ますことができれば面白いものになると思うのですが・・・
このドラマは、全員が超天才過ぎて何の前触れもなく、
ある瞬間に、さっと答えをだしてしまうこと。これではせっかくの謎も意味をなさない。
真面目なミステリーではないことを考慮したとしても、
面白いものを作りたいなら、もう少し肝である謎解きの演出を考えるべき。

スポンサーサイト



メイン

コメント


ゲストをこれだけ揃え、また「え!?これだけ!」の為にと
本当に勿体無い使い方をと思いました。
前・後編に分けてもっと丁寧な作り方をと切に願いましたけど・・・
撮影終ってるので最後までこのままですね。
5月30日は物語りは落語ですか!?
これは「キミ犯~」への何かのメッセージでしょうか(笑)


>アリーさん

力の入れどころが違うのがドラマは金9にテレ朝です。というのは禁句ですね(笑)

次の落語で「ちりとてちん」のオマージュでもやる勇気があれば面白いところですが・・・多分、毎回のように、これで終わりですか。で、お後がよろしいようでとなるんじゃないでしょうか(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック