FC2ブログ
2008年05月17日

● Around40 ~注文の多いオンナたち~ 6 「格差恋愛の建前と本音」

Around40 ~注文の多いオンナたち~

少しずつ距離が近付く聡子と恵太朗は、お笑いライブを一緒に見に行ったり、
互いの家を行き来するようになる。しかし聡子は医者と心理士という社会的立場や
経済力の違いが気になって気疲れしてしまい、恵太朗とギクシャクし始めてしまう。
そんなある日、有力人物、神林が息子のことを相談しに精神科にやってくる。
彼は世間の目を気にして息子の入院を渋る。そして、医者ではない臨床心理士に
息子をカウンセリングされることを嫌がる神林は、聡子にカウンセリングをお願いする。
恵太朗に気を使った聡子は、強く恵太朗のことを推薦して神林を納得させるのだが、
職場でも気疲れしてしまう。そんな聡子を見て、恵太朗はある決意を!
一方、瑞恵は本格的に派遣のお仕事で社会復帰を果たす。
しかしコピーひとつまともに取れず、クビになってしまう。落ち込んだ瑞恵は、
恵太朗のカウンセリングルームに行き…。その頃また奈央の不妊治療も
本格的に始まろうとしていた。しかし、夫・高文は消極的で…。(公式HP

・脚本 …… 橋部敦子 / 演出 …… 川嶋龍太郎
・出演 …… 天海祐希 ・ 藤木直人 ・ 大塚寧々 ・ 筒井道隆 ・ 松下由樹 ・ AKIRA ・ さくら ・ 林隆三
        加賀まりこ ・ 吉瀬美智子 ・ 丸山智己 ・ 松尾貴史 ・ 郭智博 ・ 神保悟志 ・ 松本若菜 etc
・主題歌 …… 竹内まりや 「幸せのものさし」(ワーナーミュージック・ジャパン)

幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)

ara_20080516_002.jpg

脚本家・橋部敦子さんは恋愛ものが苦手なのか?と思ってしまうほど、
納得のいかない展開。和哉のエピソード直後に、積極的に恵太朗が聡子を誘えば、
まるで恵太朗が弱みにつけこむ卑怯な感じに映るし、
何の迷いもなく和哉がいなくなったとたんに恵太朗を意識する聡子には、
当然のごとく人間的軽さを感じてしまいます。
別に恋の対象としなくても、まずお互いに人間的に惹かれあう友人同士として
描いてもまったく問題ないはずなのに・・・
いきなりお互いが恋愛対象として見てるのには違和感を感じざる得ない。

ara_20080516_004.jpg

でも、恋をする過程を抜かしてる違和感を除くと、なかなか面白かった。
エコらしいけど、ケチ!と言われる恵太朗が見栄を張るシーンは、まさに恋をしてる証。
よく恋は盲目と言いますが、あれだけ自分を曲げない恵太朗が高級料理店ですから、
自分を曲げてまで聡子に釣り合う自分であることをアピールしようとするなんて、
凄い人間的らしいし、男性らしいなと。男は基本子供ですから、見栄を張りたいんですよ。
見栄を張ってどうこうなる訳じゃないけど、たまにはどうよ?ってしたい訳です。

ara_20080516_003.jpg

それをまったく理解できてない聡子は、そりゃ恋愛ベタで結婚できないはずだわ、と。
あそこで男のプライドをズタズタにする「水」発言は、ないわ~
現実だったら、あれで百年の恋も一発で冷めそう。それほど、聡子は男を理解できてない。
こうした聡子の恋愛ベタエピソードは巧みだなと思います。
美人なのに、何でモテないの?という設定がよくできているなと。
こういう女性はたいてい良い恋ができないか、男性を堕落させるんじゃないかな。

ara_20080516_005.jpg

ara_20080516_006.jpg

ara_20080516_007.jpg

最後は、もう付き合ってる恋人同士のような関係なのに改めて告白か・・・という、
ちょっと変な流れになってしまったのも、すべては途中経過が抜けた恋愛のせい。
ここは、友人の関係から、少しずつお互いを恋愛対象として見てきた結果、
告白という展開だと盛り上がるシーンだと思うし・・・
このシーンを最終回にしても問題のないようなシーンでした。
周囲の目を気にするでもなく、自分らしく生きることが幸せへの道と改めて自覚し、
同じペースで一緒に進んでいこう!というのを表してるように、
横に並んで会話する演出といい、自分だったら、このシーンを最終回にしてるかも。
良くまとまってるだけに和哉の別れからお互いが恋愛対象と見るまでの過程が残念。

ara_20080516_008.jpg

幼馴染の貞夫が動きだしそうで、こちらの今後も楽しみに。
ただ、これで貞夫に流されるようだと奈央は人間的にできてないなぁ。
奈央は自分を悲劇のヒロインのように感じているようだけど、
相手の意見をまったく聞いてないないだけだから。
自分が、こうしたい、あれしたいとダダこねて・・・
それが達成されないとスネるのは子供のすること。いつも自分の意見を言うだけで、
相手のことをまったく考えないから、相手も次第に自分のことを考えてもらえなくなって、
どんどん深みにはまっていくコミュケーション不足の人間関係の典型。
現実には、こうした人とは距離が近づけば近づくほど、疲れるんだろうな・・・。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●ありがとうございます。
管理人様のコメントってやっぱりすごいと思う…。
脚本家さんですか?? 一体何者… ??

>恋をする過程を抜かしてる違和感

激しく同意です!!
一体いつの間にって感じです(プンプン)

もぉ~、恵太朗のアパートで、2人はどんな感じで
オーガニックコーヒーを飲んだのか妄想全開ですよ!
そして、恵太朗の「寝室の電気付けっ放し」発言も!
いつの間に寝室に行ったんだよーーーーー
恵太朗のアパートで、いっそ、聡子を押し倒しちゃえば良かったのにー!
あ、あの時押し倒してたら、告白のシーンは無かったか(笑)

>あんぱんさん

どこにでもいる一般人です(笑)、こんばんは。

あまりにも話が長くなりすぎて、途中の話を抜かしたような感じがするぐらい、すっぽり抜けてしまってますよね。

聡子も軽い女性ではないし、恵太朗も下心全開の男性ではなし、大丈夫でしょう(笑)
確かに、あの夜に何かあったら、最後の告白ほど間抜けなものはないですよね~

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック