FC2ブログ
2008年05月24日

● Around40 ~注文の多いオンナたち~ 7 「格差恋愛の建前と本音」

Around40 ~注文の多いオンナたち~

晴れて気持ちを確かめ合う聡子と恵太朗だったが、
恵太朗の部屋には怪しい女の気配が……。
帰ってきた恵太朗に女が「結婚して」と迫る!その時、恵太朗は……?
一方、聡子は恵太朗とのお付き合いを皆に発表しようと提案、
マーくんの店に奈央と瑞恵を呼ぶ。
ところが瑞恵の恵太朗への想いは止まるところを知らず……。
そこに恵太朗を追いかけて女が入ってくる。その女はなんと!?
しかもその場で恵太朗が「僕は誰とも結婚しない」と宣言。
それを聞いた聡子の心は複雑で……。(公式HP

・脚本 …… 橋部敦子 / 演出 …… 坪井敏雄
・出演 …… 天海祐希 ・ 藤木直人 ・ 大塚寧々 ・ 筒井道隆 ・ 松下由樹 ・ AKIRA ・ さくら ・ 林隆三
        加賀まりこ ・ 吉瀬美智子 ・ 丸山智己 ・ 松尾貴史 ・ 片桐はいり ・ 神保悟志 ・ 松本若菜 etc
・主題歌 …… 竹内まりや 「幸せのものさし」(ワーナーミュージック・ジャパン)

幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)

ara_20080523_002.jpg

このドラマは聡子=独身キャリアウーマン、奈央=既婚キャリアウーマン、瑞恵=専業主婦
という3タイプのアラフォー世代の「女性の生き方」を描いたものですが、
そこに何故、恵太朗が結婚する気がないのか?という問題を解決しないといけないのか、
理解に苦しみます。まったく必要のないエピソードです。
結婚を意識している(焦っている)女性が結婚する気のない男性と付き合えるのか?
というだけでも十分面白い話ができると思うに・・・
どうもそこはあまり触れずに恵太朗の問題に突入してしまっては、
せっかくの女性視点ドラマという意味合いが薄れてしまいテーマがぼやけてしまいます。
恵太朗は偏屈なエコ好きというキャラができてるのだから、
別に恵太朗が結婚する気がないと理由に特別深い意味がなくっても問題ないのだけれど。

ara_20080523_004.jpg

百歩譲って、結婚する気がない恵太朗の問題を解決したい聡子の理由が、
恵太朗と結婚したい!というシンプルなものなら、まだコミカルな一部として許容できるけど、
それを家族愛だとかになると、それは結婚問題に悩む聡子には全く別問題な訳でして・・・
そんなことに時間を費やすなら、もっと聡子と恵太朗の恋愛をしっかりやれと。

ara_20080523_003.jpg

しかし、この年になって結婚する気のない人と付き合うほど無駄なことはないと思うし、
逆に恵太朗に付き合うことの意味を聞きたくなります。
結婚する可能性のないお付き合いなら、別に友人関係でいいじゃん。その方が気楽だし。
建前としては、結婚と付き合うことはイコールじゃないと言った方が、
心の広い奥深い人に思われるのかもしれないけれど・・・
内心、それってどうよ?って悩むもどかしさこそ、ドラマになると思うし、
その辺の今の彼氏を取るか将来の結婚取るかで悩む姿があると、面白いと思うのだけど・・・
このドラマのメインは女性であって、男性ではありません。
恵太朗の問題をやる時間があるなら、しっかり聡子、奈央、瑞恵の事をやった方が良い。

ara_20080523_005.jpg

そして、奈央と大橋貞夫の関係が面白くなってきたなと思っていたけど・・・
ただ新庄に文句を言いにいっただけというのは寂しい。
新庄がDVとか刑事事件になりそうなことを奈央にしているならともかく、
家庭内についての喧嘩に他人が入ってくるほど、滑稽なものはない。
大橋貞夫はそんなことをする暇があれば、新庄を相手にするのではなく、
もっと奈央に対して、どう精神的な助けをできるかを考えた方が大人の対応ですね。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●同感です
聡子さんに、まとわりついて、嫉妬したり、おせっかいをやいたり、好き好きモード全開の恵太朗だったのに「結婚する気ない」なんて・・・  絶句しちゃいました。
聡子さんも、一体恵太朗のどこが好きになったのか、わけがわかりません。
彼女の部屋に行っときながら、キスもしなければ、抱きしめもしない彼なんているかいな!納得できない展開になってきちゃって… でも見るけど。

>あんぱんさん

恵太朗が「結婚する気がない」というのは、エコをケチと言われても信念を曲げない我が道を行く性格なので、束縛されるのが嫌という単純な理由なら、そんな男性と付き合っていいのか?さあ、どうする聡子?となると思うのですが・・・いかんせん、ここで恵太朗にも問題があるとなってしまうと、話がややこしくなるんですよね。

そして、おっしゃる通り、聡子の猛烈な惚れようも、聡子は綺麗ごとを言うけれど、心の中では、「マジで出産のリミットが!」という生々しいあせりとかあると、納得できるのですが・・・あの年で単純に恋愛したいような感じでの聡子の恵太朗に対する行動は理解できません。

恵太朗の聡子に対する接し方は、恋人通しには見えないですよね。すでにもう聡子に飽きてる感じが(笑)
この年で、結婚する気がないけれど付き合える男性がいたらどうする?とか、物凄く面白そうなテーマが目の前にあるのに、なぜか違ったことをやろうとしちゃうんですよね。
面白いネタを出せてるからこそ、惜しい!って感じです。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック