FC2ブログ
2008年06月26日

● ドラマスペシャル 課長島耕作

課長島耕作

京都での単身赴任を終え、課長という肩書きで東京本社に呼び戻された島耕作、34歳。
新しいポストは、家電業界大手・初芝電器の販売助成部ショールーム課課長。
気心の知れた上司、部長の中沢喜一から4人の部下を紹介された島は、
さっそくその一人・大町久美子の案内で都内のショールーム回りをした。
島が、帰京後、初めて自宅に帰ったのは、その日の夜。家では、妻・怜子と
小学1年生の一人娘・奈美が待っていたが、
仕事にかまけ家庭をないがしろにしたツケが回り、夫婦の会話は少なかった。
会社内では、社長の苫米地功と、死亡した元会長・吉原の娘と結婚した
副社長・大泉裕介の2つの派閥があった。島は、自分の性に合わないため無派閥。
中沢が同じく無派閥だったため、島は、仕事はやりやすかった。
帰京して早々、島は、探偵事務所で働く親友の木暮から、
何者かが初芝電器株を買い漁っているとの情報を得た。
中沢を通じてこの話を聞いた苫米地は、直ちに大泉、専務の石渡、久米ら社内役員を招集し、
善後策を協議。同時に、島には続けて調査をするよう指示する。
島が、部下の久美子に誘われ食事をし、その後ホテルで一夜をともにしてしまったのは、
雑用に追われ二人で残業した後のことであった。
翌日、木暮からの連絡で、株を買い漁る相手が、韓国の企業らしいと判明。
苫米地は、自社株の買い増しで対抗するよう指示した。
騒ぎの最前線に立つことになった島は、家でも怜子から離婚届を突きつけられ、
公私ともに追い詰められる。奈美が母親との二人暮らしに反対しなかったと告げられた島は、
一度も振り返らずに出て行く怜子を悄然と見つめるだけだった。(公式HP)

・脚本 …… 君塚良一 ・ 北川大樹 / 演出 …… 杉本達
・出演 …… 高橋克典 ・ 松下奈緒 ・ 宅麻伸 ・ 高知東生 ・ 佐藤恒治 ・ 畑野ひろ子 ・ 高岡早紀 ・ 萬田久子
        横山めぐみ ・ 飯野芹菜 ・ 鶴田忍 ・ 津村鷹志 ・ 佐野史郎 ・ 神山繁 ・ 小林稔侍 etc
・主題歌 …… 槇原敬之 「Orange Colored Sky」 (エイベックス・エンタテインメント)
・原作 …… 弘兼憲史 「課長 島耕作」 (講談社)

弘兼憲史叢書 島耕作全集 課長編WE LOVE YOU.

si_20080625_002.jpg

si_20080625_003.jpg

si_20080625_004.jpg

si_20080625_005.jpg

si_20080625_006.jpg

なんでこうも漫画原作をドラマしたがるのかねぇ?というのをつくづく思ってしまいます。
ただ単に「島耕作」のネームバリューに頼っただけのクオリティーしかありません。
原作を知らない人から見れば、なんて都合の良い展開としか思えないだろうし、
原作を知ってる人から見れば、なんとも言えない物足りなさを感じるだろうしで、
漫画原作にありがちな消化不良ドラマに。
しかし、漫画原作のドラマ化がすべて失敗してる訳でもないし、
やっぱり、どれだけ制作側に原作を超えてやろう!という意気込みがあるかなんでしょう。
「島耕作」という名前だけ使って、後は無難にやっとけばいいや的な気持ちじゃあね。
漫画原作に頼るんじゃなく、踏み台にしてもっと良いものを作る気持ちが必要。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック