--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月16日

● 魔王 第7話 「偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く」

魔王 第7話 「偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く」

成瀬領は、本当は真中友雄であるという“領の正体”を突き止めた
池畑を倉庫で転落死させた。大胆にも死に際に立会い、
秘密を録音したボイスレコーダーを回収し、危機を脱した領。駆けつけた芹沢直人は、
池畑に懸命な心臓マッサージを施すが、時はすでに遅かった・・・。
池畑のポケットから、赤い封筒と自分に送られたのと同じ
「ソードのエース」のタロットカードを見つけ、「また、俺のせいで・・・」と、
三人目の被害者が出てしまったことに、落ち込む直人。
直人の脳裏には、"雨野真実"が父・栄作を操って池畑を殺させたのでは?
という疑念が拭い去れない。
その頃、栄作は池畑の対処を託した大隈からの連絡を待っていた。
そこに、直人が飛び込んで来て衝撃の事実を伝える。
「…池畑が死にました。取引すると呼び出して、襲わせたんじゃ?」
愕然とする栄作。金でカタをつけたハズの池畑がなぜ死んだのか?・・・
「父さんに、捜査が及ぶかもしれません・・・」苦悩を滲ませて伝える直人。
「・・・私を逮捕する気か?」と、直人に迫る栄作。(公式HP

・脚本 …… 西田征史 / 演出 …… 坪井敏雄
・出演 …… 大野智 ・ 生田斗真 ・ 小林涼子 ・ 田中圭 ・ 忍成修吾 ・ 脇知弘 ・ 上原美佐 ・ 三宅裕司
        篠原真衣 ・ 吉瀬美智子 ・ 劇団ひとり ・ 石坂浩二 ・ 優香 ・ 六平直政 ・ 嶋田久作 etc
・主題歌 …… 嵐 「truth」 (ジェイ・ストーム)

ma_20080815_002.jpg

初めて成瀬を動揺させるまで追い詰めれたけれど・・・

ma_20080815_003.jpg

予想通り、本当の弟じゃないと知っていた姉が助けてくれてセーフ。
でも、友雄生存説まで想定できれば、CD-Rなんて関係なく余裕で辿り着けるだろうに。
それと、意外だったのが山野が成瀬がなりすましだということを知っていたこと。
成瀬がうまく山野を操ってるかと思ったけれど、結構事情を知っていての共犯関係ぽい。

吉瀬美智子

麻里の件は、サッサと済ませようよ(笑)
石本もそうだったんだけれど、葛西も宗田も麻里もロクな人間じゃないんだから、
誰かが死ぬとなっても・・・どうぞ!どうぞ!って感じ。
芹沢の周りには、基本的に良い人っていないんですよね。
そうすることで、復讐がただの人殺しであっても、応援できるようにしてあるんだろうけど。

ma_20080815_005.jpg

良い人といえば、典良だけれど・・・なんでこの役を劇団ひとりさんにしたんだろ?
どうしても社長としての威厳も感じないし、この役にしては重厚さが足りない。
宗田とのシーンだといじめっ子に睨まれたいじめられっ子に見えるし、
直人とのバーでのシーンもどこか軽い感じがしてしまって残念。

小林涼子

なんか結局、魔王も愛にほだされて・・・という感じになりそうで、嫌だなぁ・・・。

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。