FC2ブログ
2008年08月31日

● 恋空 第4話 「もう、おまえの涙ふいてやれないから!ヒロ悲しみの決意」

恋空 第4話 「もう、おまえの涙ふいてやれないから!ヒロ悲しみの決意」

病気を告げられたヒロは、流産で傷ついた美嘉にそのことを伝えられずにいた。
20歳まで生きられないかもしれない、ということは美嘉を一人で残してしまうということ。
美嘉のことを考えたヒロはわざと冷たくあしらい、別れを切り出す。
病気の不安と闘い、美嘉を残していくつらさと闘うヒロの心のうちなど美嘉は知る由もない。
混乱した美嘉はヒロとの別れを受け入れられず、深く傷つく。
そして高校2年生のクリスマス、美嘉は大学生の優と出会う……。(公式HP

・脚本 …… 渡邉睦月 / 演出 …… 松田礼人
・出演 …… 水沢エレナ ・ 瀬戸康史 ・ 波瑠 ・ 三浦翔平 ・ 羽田美智子 ・ 永山絢斗 ・ 岸谷五朗 ・ 葵
        菊池亜希子 ・ 宮澤佐江 ・ 小林さり ・ 佐武宇綺 ・ 阿部力 ・ 松下奈緒 ・ 松山まみ etc
・主題歌 …… 福井舞 「アイのうた」 (J-more)
・原作 …… 美嘉 「恋空~切ナイ恋物語~」 (スターツ出版)

恋空〈上〉―切ナイ恋物語恋空〈下〉―切ナイ恋物語恋 空 プレミアム・エディション(2枚組)恋 空 スタンダード・エディションアイのうた

瀬戸康史

基本的にヒロは人間として出来が悪い。
美嘉を泣かせたくない、と言いつつ完璧に傷つける方法を取るのは、
結局、美嘉のことを考えてるようで自分のことしか考えてない自己中ということ。
だから、咲の時も変な形で終わったことに納得がいくとうもの。
相手のことよりも、自分のしたいことを相手に押し付けるだけ。それがヒロの本質。

松下奈緒

ヒロの姉さんもなぁ・・・咲にケジメだとか言いつつ髪を切らせておいて、
弟には甘い、甘過ぎる・・・。別れるなら、ちゃんと別れな!
というのが、姉の務めだと思うのだけど。
自分の甘く、他人に厳しい。そんな感じの人たちばっかりなんですよ、このドラマ。

三浦翔平

友人も変な奴。普通、いくら病人のヒロの頼みとはいえ、そんな頼みは断るのが真の友人。
ダメな人間が、ダメなことをして、そしてまたダメになるって感じで、
悲劇的というより、シュールなギャグとしか思えない展開。こういった奴らに関わると、
ろくな事がないよ、という見本市のようで・・・とても純愛ドラマに見えない。

水沢エレナ
水沢エレナ
水沢エレナ

振り回されて可哀想と言えば可哀想な美嘉なんだけど、
「好き」という感情がすべてのことに対しての免罪符にしてしまう恋愛依存症で、
わざわざ自ら、悲劇的な道へ進んでるだけなので自業自得・・・仕方ない。
いざとなれば、自分からフルぐらいの覚悟がないと良い恋愛は出来ません。

阿部力

不自然な関西弁は使わない方が・・・。
優しいのは分かるけれど、堂々と美嘉の家に乗り込んで、
さりげなくネクタイを美嘉の紫のワンピに合わせてたりして、
それでもって、「僕の部屋に泊まってました」とは、
自分が美嘉の父親なら喧嘩を売ってるとしか思えないぐらい、ふてぶてしいんだけど(笑)

koi_20080830_010.jpg

それでもって、写真をセロテープで貼っただけで離婚回避とか、
美嘉は「離婚して欲しくない」としか言ってないのに、
美嘉に教えられたな、と感慨深くしている両親とか、どんな茶番劇かと。
どこをどう見たら感動できるのか、謎過ぎる・・・。

水沢エレナ

で、今回のようなことがありつつも、しっかり優をふってヒロ、ヒロ言いだすんでしょ?
いくら真実を知ろうとも、過去は過去。どんな過程であれ、
別れたのは事実として今を生きれない人というのは、ただの優柔不断。
ヒロも自分のことしか考えない人なら、美嘉も自分のことしか考えない人。
そんな自分以外の人を振り回しながら、
自分勝手なことしかしない二人の恋愛に、どう泣けと・・・。
ようするに、ヒロも美嘉も悲劇の主人公症候群で、自分の悲劇さに酔ってるだけ。

スポンサーサイト



メイン

コメント


2年くらい前から覗いてるんですけど、あなたの更新努力には敬意を払いたいくらいです


このドラマって低能による低能向けのドラマらしいですからね。ブーム去ったってのにドラマ化するといった消費者のニーズをとらえ切れて入れない部分も目に余ります

>aさん

こちらこそ、わざわざコメントをありがとうございます。

確かにピーク時にドラマ化しないで、まだやるか!
って感じのタイミングになってますよね。
しかも、自分としては、この物語がブームを作ったことも不思議なぐらいで、
本当に多くの人が感動したのか、それとも単純にうまく業界に仕掛けられて、
みんなが知ってるのに自分が知らないのも・・・
という感じでブームになったのか実情が知りたくなるぐらい、
どこで感動すればいいのか謎のドラマです(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック