FC2ブログ
2008年09月12日

● コード・ブルー - ドクターヘリ緊急救命 - 最終回 「生と死」

 コード・ブルー - ドクターヘリ緊急救命 - 最終回 「生と死」

高速道路のトンネル内で多重衝突事故が発生し、多数の死傷者が出ていた。
藍沢は、ドクターヘリで事故発生現場に急行し、その凄まじいようすを目の当たりにする。
報告を受けた黒田は、タッチアンドゴーで白石と緋山もヘリで
現場に運ぶよう指示すると同時に、森本と藤川には患者の受け入れ準備を頼んだ。
トンネル内の安全を確認した三井は、トンネル内に残されたケガ人を
重傷度や緊急度で分別し、トリアージタッグをつけるよう藍沢に命じた。
白石と緋山も、ただちにトンネルの外に運び出されたケガ人の治療にあたった。
藍沢は、冴島とともにトンネル内に入った。(公式HP

・脚本 …… 林宏司 / 演出 …… 西浦正記
・出演 …… 山下智久 ・ 新垣結衣 ・ 戸田恵梨香 ・ 浅利陽介 ・ 比嘉愛未 ・ 柳葉敏郎 ・ 勝村政信 ・ りょう
        杉本哲太 ・ 寺島進 ・ 金田美香 ・ 遊井亮子 ・ 児玉清 ・ 奥貫薫 ・ 今井悠貴 ・ 島かおり etc
・主題歌 …… Mr.Children 「HANABI」 (TOY'S FACTORY)

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- オリジナル・サウンドトラックコード・ブルー ドクターヘリ緊急救命HANABI

新垣結衣
co_20080911_003.jpg
比嘉愛未
戸田恵梨香

前半は大事故を通して・・・
生き残る人たちもいれば、残念ながら命を落としてしまう人たちを描くことで、
その中で医師ができることは何か?というのは十分伝えられていたと思います。
単純に奇跡的に助かるだけじゃなく、手を尽くしたけれど・・・
というシーンがあったことによって、より命の重みというものを出せており、
最終回だからといって、奇跡だらけのヒーロードラマで終わらせなかったことが良かった。

浅利陽介

藤川が嫌いというのではなく、医師がかけつければ命が助かるものではないと
同じで、望めば誰もがヘリに乗れる訳ではない厳しい現実を表すためにも、
本当は、最後までヘリに乗って欲しくなかった藤川だけれど・・・
半分、混乱のどさくさ紛れに便乗して、初ヘリ!BGMも流れて、かっこよく映ってた。

柳葉敏郎
新垣結衣
戸田恵梨香
浅利陽介
比嘉愛未
co_20080911_011.jpg
co_20080911_013.jpg

後半は今までのことの総括。いろんなことがあっても前に進むしかないし、
かといってその先に必ず幸せがある訳ではないけれど、
それでも、少しでも自分の力が役に立つなら、それに向けて頑張る必要があると。
で、悩んだり、後悔したり、喜んだり・・・
そういったこともまずは生きているからこそ出来るんだと、命へのテーマにブレはなし。

co_20080911_015.jpg

最終回を見ても分かるように、ブラ男やニューハーフとか奇妙な患者が出てくるより、
普通にシリアス感を持ってスピーディーに展開した方が面白い。
シリアスな部分とコミカルな部分をうまく融合することができないなら、
わざわざ苦手なことをしないで、もっと真っ直ぐな描き方をしてくれた方が、ありがたい。
さらに言えば、「医龍」のドクターヘリ版という描き方で十分だったように思えます。
ドクターヘリ推進派vs反対派、フェローvsシニアドクターという構図で、
コミカルな要素は極力省いて、もっと対立構造を全面に出しても面白かったのかなと。
そして、俳優陣の若さがよく指摘されていましたが・・・
エンターテイメント系医療ドラマとして華があったし、
スピード感、緊張感を持ってうまくできていたと思います。主題歌も良かったですし。

コード・ブルー - ドクターヘリ緊急救命 - 新春スペシャル

ある意味、お約束の展開。フェローたちだけでなく、
翔陽大学附属北部病院救命救急センターに関わる全ての人たちの成長が楽しみ。

スポンサーサイト



メイン

コメント


すみません<(_ _)>
私も、俳優陣の若さを心配してた1人なんで(苦笑)

最初から直球で勝負したら良かったですね。
そして現場から病院、患者と医者だけではなく、
今度はガッキー、戸田さんの家族や内情にもっと掘り下げていってほしいですね。

来年の新春SPから、多分来年の秋頃にはPart2があるのではと思ってます。
その時はこの5人が、いろんな作品を経てどのような成長を見せてくれるのか楽しみです。



>アリーさん

自分も冷静に見れば、若過ぎ!と今でも思ってますから(笑)
ただ、そんなことを忘れさせてくれぐらい俳優陣に魅力があったのかなと。
これが社会派ドラマだとかなりネックになったと思いますが、
あくまでエンターテイメントドラマなので、マイナスを補うほどのプラスがあったように感じました。

そうですね~
得意じゃないことはしないで、直球勝負の方がもっと味がでたかもしれません。
そして、おっしゃる通り、キャラの背景にまで丁寧に描けていけたら、
もっともっと面白い作品になりますよね。

基本的に続編は好きじゃないのですが、この脚本家なら安定してるし、
大いに続編を期待したいですね!問題は、俳優陣のスケジュールを押さえれるかですよね。
間違いなく、今より売れっ子になってそうなメンバーですから。

まずは新春SPを楽しみに!そして、そこで続編の告知があることを期待しています!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック