FC2ブログ
2008年10月04日

● 夢をかなえるゾウ - 男の成功篇 -

夢をかなえるゾウ - 男の成功篇 -

「自分なあ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダラリーマン野上耕平(26)の前に、
ある朝突然現れた関西弁のゾウの姿をした奇妙な生き物。
昨晩出席したセレブパーティーで中学の同級生が億万長者になっているのを目の当たりにし、
失意のまま酔い潰れていた耕平。「世界中の偉人を育てたん、基本的には、ワシやで」
と自慢げに言う"自称・超有名な神様"ガネーシャの言うがままに契約を交わしたものの、
このゾウの神様は耕平のアパートに住みつき、たらふく食べてゲームをしては寝るだけ。
なんとなく史上最悪の師匠の雰囲気が。
ようやく聞いた最初の教えは何とも意味不明な『靴を磨く』という課題だった…。(公式HP

・脚本 …… 根本ノンジ / 演出 …… 岡本浩一
・出演 …… 小栗旬 ・ 古田新太 ・ 瀬戸朝香 ・ 長手絢香 ・ 田中聡元 ・ 池津祥子 ・ 橋本望 ・ 渡辺哲
        金田明夫 ・ 長谷川初範 ・ 田中要次 ・ 宇梶剛士 ・ 愛川ゆず季 ・ 阿部力 ・ 水川あさみ etc
・主題歌 …… SEAMO 「Continue」 (BMG JAPAN)
・原作 …… 水野敬也 「夢をかなえるゾウ」 (飛鳥新社刊)

夢をかなえるゾウ

小栗旬
zo_20081002003.jpg
小栗旬

普通に楽しめる内容かと思います。
自分を変えるために神からの指示がでる訳ですが、説教臭くしなかったところが良い。
どこかの某「太陽と海の教室」では教師を完全無欠にしてしまったために、
ドラマ全体に堅苦しさを出してしまったけれど、このドラマは完全にその逆。
神なのに神らしくなく重要なポイントだけ、神らしさをだしたところに魅力をだせたと思います。
このドラマが連ドラに続く企画として制作されているので、
連ドラのための壮大なプロローグとしてガネーシャと関わることで、
どう自分が変わっていくのかという、how toをうまくまとめたドラマだったと思います。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック