FC2ブログ
2008年10月15日

● セレブと貧乏太郎 1 「資産7兆円の女と貯金残高3千円の男」

セレブと貧乏太郎 第1話 「資産7兆円の女と貯金残高3千円の男」

美田園アリス、23歳は世界的なホテル王の娘。
子供の頃から、欲しいものは何でも与えられてきた。さらに、アリスのセンスは、
注目を浴び、早くからデビューした社交界でのボーイフレンドは数知れず。
いつのまにか、ファッションリーダーとなったアリスは『ラブ・アリス』というブランドを立ち上げ、
ファッションプロデューサーとして世界を飛び回る。住まいは最高級ホテルのスイートルーム。
秘書の郡司康夫、世話係の大野緑に囲まれ何不自由なく暮らしている。
しかし、女優だった母は、アリスが5歳の時に他界。
多忙を極める父と、新しい母、真紀子との間に家族団欒の思い出はない。(公式HP

・脚本 …… 徳永友一 / 演出 …… 松田秀知
・出演 …… 上戸彩 ・ 上地雄輔 ・ 国仲涼子 ・ 柏原崇 ・ 三浦理恵子 ・ 宅間孝行 ・ キムラ緑子 ・ 中山恵
        上野なつひ ・ 風間杜夫 ・ 山下真司 ・ 若村麻由美 ・ 清水優哉 ・ 北村燦來 ・ 酒井敏也 etc
・挿入歌 …… Safarii 「Hero」 (Sony Music)
・主題歌 …… いきものがかり 「気まぐれロマンティック」 (Epic Records)

上戸彩
上戸彩
上戸彩

上戸彩さんのドラマらしいドラマではあるんだけれども・・・内容的に新鮮味はなし。
雰囲気的に「お金がない!」を思わせるような感じでもあるんだけれども・・・
テレビ業界はアイデアが枯渇してるんだろうなぁ・・・オリジナル作品になると急に質が落ちる。
いきなり「鶏を売ってくれ!」って・・・「売ればいいじゃん。」ってほとんどの人が思ったでしょ。
まあ、そうした時点でこのドラマは終わってしまう訳なんだけれど(笑)
犬とか猫とかならあれですけど、卵生産機としてしか見てないようなシーンしかないのに、
「いきなり家族も同然なんです!」と言われても、「そんなアホな!」とつっこみたいだけ。
金持ちと貧乏が織り成す物語というのは、ある意味ドラマの王道なんだけれども、
もっとその格差の間にあるシニカルな部分から見える人間ドラマに仕上げるとかしないと、
ただのドタバタ劇で、ありきたりの「お金がなくても幸せだよね!」という、つまらないことに。

上地雄輔

上地雄輔さんは人気絶頂ということでの起用だけれども、こういった使い方はいまいち。
例えばメインがグループとか複数いるなかの一人なら十分だけれども・・・
ヒロインの相手というマンツーマンでメインを張るっていう役者ではないなと。
やっぱり、馬鹿キャラで人気を得てきたのは良いのですが・・・その反面、役者として、
ひとつのイメージを植え付けさせてしまっているというのは大きなマイナス。
それすらも忘れさせてくれるほどの演技をすれば問題ないのかもしれませんが、
髪型から何までイメージを変える訳でもなく、そのままですからイメージは抜けません。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●微妙
10代~20代にはウケそうなドラマというか。
最初見た感じでは、そんなに悪くもなかったけど、たしかに新鮮味は無かったですね。
鶏の「朝子」(?)は、貧乏家の鶏なのに、いい卵を産めるとは、とても思えません(笑)

>あんさん

そんな感じの若い人向けでしょうね~

あそこで、朝子売れよ!って見てる人はみんな思ったと思うし、同時に・・・朝子より良い卵産む鶏は腐るほどいるよ!と(笑)

織田さん主演「お金がない!」は懐かしいですね!
雰囲気はにてますね~
ゴージャスな感じはグレードアップしていますが(笑)
確かにアイデアが枯渇しているので、
小説、漫画原作に頼ってしまうのでしょうね。

しかし上戸さんはフジに帰って来たらイキイキしてますね(笑)



>アリーさん

焼き鳥屋が大衆食堂に、兄弟が子供になったりしてますけど、
シチュエーションはかなり「お金がない!」に似てますよね。

ゴージャス度は確かに昭和と平成という感じでアップしてます!

アイデアの枯渇ぶりがひどいですよね。
というか、もう漫画をドラマ化しとけばいいや!ぐらいな感じで、
アイデアを出すのを諦めてる感じもします(笑)

上戸さんはまさにホームに帰ってキターーー!って感じでしょうね!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック