FC2ブログ
2008年12月06日

● 流星の絆 第8話 「妹の正体と追いつめられた真犯人」

流星の絆 第8話 「妹の正体と追いつめられた真犯人」

功一は、最後にして最大の計画を実行する日を待っていた。
警察が、両親を殺した犯人として、戸神政行を疑うように、
父・幸博の形見であるレシピノートを戸神の家に置いてくるという難しい作戦だ。
この作戦が成功すれば、政行は逮捕されるはずだが、
失敗すれば証拠偽造で自分たちが刑務所行きの可能性もある。
静奈が行成との食事から帰ってきた。別れを告げたにも関わらず、
行成から自宅に招待されたらしい。
レシピノートを戸神の家に隠す絶好のチャンスだと静奈は言うが、
仇の息子に本気で惹かれていることに気付いている功一と泰輔は、
妹が計画を冷静に実行できるか不安になる。(公式HP

・脚本 …… 宮藤官九郎 / 演出 …… 石井康晴
・出演 …… 二宮和也 ・ 錦戸亮 ・ 戸田恵梨香 ・ 三浦友和 ・ 要潤 ・ 尾美としのり ・ 設楽統 ・ 桐谷健太
        寺島進 ・ りょう ・ 柄本明 ・ 中島美嘉 ・ 原田文明 ・ 斉藤隆成 ・ 嘉数一星 ・ 熊田聖亜 etc
・挿入歌 …… 中島美嘉 「ORION」 (ソニー・ミュージックエンタテインメント)
・主題歌 …… 嵐 「Beautiful days」 (J-STORM)
・原作 …… 東野圭吾 「流星の絆」 (講談社)

ryu20081205002_20081212193838.jpg
ryu20081205003_20081212193849.jpg
ryu20081205004_20081212193903.jpg

メインは静奈。復讐のためとはいえ、好きな人を騙す心境は切ないものがあります。
結末がどうなるか知らないけれど、このままだと静奈はずっと救われないなと。
で、最後にはノートを突きつけられたり、さすがに最終回が近くなり緊迫感が良い感じに。

ryu20081205005_20081212194006.jpg

でも、今回の最高のシーンは、これ。

「殺すねぇ」

もう、この一言でグッとこのドラマの質が高まったと思います。
これだけで十分なぐらいのシーンで最高でした。
ただの復讐劇にならずに面白いのは、この柏原があってこそだとつくづく。
そして、次回も柏原の言動にうるうるしそう。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

堀北真希+妹-でつながるブログリング from blogring.org
堀北真希+妹に関するブログをまとめています。 [Read More]