FC2ブログ
2009年01月22日

● キイナ - 不可能犯罪捜査官 - 第1話 「記憶する心臓」

キイナ - 不可能犯罪捜査官 - 第1話 「記憶する心臓」

変死体が発見され、警視庁捜査一課の新人捜査官・山崎タケルは、
係長・雅一馬とともに出動した。現場は林の中で、うつ伏せの女性の変死体の周辺には、
おびただしい数の魚が落ちている。捜査官・津田明彦や服部浩二は、
魚が空から降ってきたという第一発見者の作業員の証言に首をひねる。
死体所見は、頭部損傷による脳挫傷らしかった。
そこに登場したのは、女性捜査官の春瀬キイナ。キイナは、傷だらけの魚を見て、
海で発生した竜巻によって運ばれた、と直ちに分析。
さらに死体を検証したキイナは、女性の死因を状況から推理した。(公式HP

・脚本 …… 吉田智子 / 演出 …… 猪股隆一
・出演 …… 菅野美穂 ・ 平岡祐太 ・ 小池栄子 ・ 草刈正雄 ・ 沢村一樹 ・ 金田明夫 ・ 高橋良輔 ・ さくら
        東根作寿英 ・ 塚地武雅 ・ 薗田杏奈 ・ 白石美帆 ・ 勝村政信 ・ 久保田将至 ・ 霧島れいか etc
・主題歌 …… MiChi 「ChaNge the WoRLd」 (ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

菅野美穂

つくづく、こういう類のドラマを作るのはヘタだなぁ・・・と思う。
実際にあった事件(エピソード)を元に作られてるのですが、
これじゃ、ただ色んなところからの引用をまとめただけ。
このドラマ自身のオリジナリティがまったく見えないのがね・・・。

菅野美穂 ・ 平岡祐太

結局、刑事なんだから、最後は論理的に解決しないとダメで・・・
でも・・・それじゃ、ただの「ガリレオ」の亜流でしかない訳で。
世の中には、まだ科学じゃ証明できないこともあるよ、
っていうスパイスがなければ、こういったドラマは面白くなりません。
そういった謎めいたミステリーさがないから、味気ないものに・・・。
その辺は「トリック1」とかと比較すると出来の差がよく分かるかと。

白石美帆
菅野美穂 ・ 平岡祐太

キイナが血液型を信じているように、非科学的な人物であるにも関わらず、
最終的に謎を科学的にというか・・・
ずば抜けた記憶で解決してしまうから、キャラが定まらない。
というか、キイナはただのオカルトマニアって感じですね。
非科学的な人物なら、最後の最後までもっと徹底的に非科学的じゃないと。
ということで、題材は面白くっても、プロットが弱いドラマというのが今回の印象。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック