FC2ブログ
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月13日

● ありふれた奇跡 第六回

ありふれた奇跡 第六回

中城加奈から子供が産めないことを告白された田崎翔太は、
加奈に呼び出されて藤本誠の部屋にやって来た。
誠は、「妙」で加奈に手を出そうとして以来の再会に翔太に自分を殴るように言うが
加奈はひきずらないように声をかけ、自殺しようとした理由の詳細を話すから
立ち会って欲しいと頼んだ。静かに話し始めた加奈。
数年前、付き合っていた男の子供を妊娠した加奈は、
その男が別の女性を妊娠させ中絶させていたことを知り中絶をした。
しかし、それが原因で妊娠できない体になっていたのだ。
話を終えると、加奈は何も言わないで欲しいと部屋を1人出て行く。(公式HP

・脚本 …… 山田太一 / 演出 …… 田島大輔
・出演 …… 仲間由紀恵 ・ 加瀬亮 ・ 陣内孝則 ・ 風間杜夫 ・ 井川比佐志 ・ 戸田恵子 ・ 岸部一徳
        八千草薫 ・ キムラ緑子 ・ 松重豊 ・ 塩見三省 ・ 黒坂真美 ・ 宮田早苗 ・ ふせえり etc
・主題歌 …… エンヤ 「Dreams Are More Precious」 (ワーナーミュージック・ジャパン)

ari20090212002.jpg
ari20090212003.jpg
ari20090212004.jpg

加奈と翔太以外の人物が絡んでくると、それなりに面白くなって見やすい。
で、話がどこに向かってるのは分からないんだけれども、
まあ、それなりに淡々と進んで行く展開にも慣れて、という感じ。
面白い?って聞かれると、それなりに。と言うしかないし、
つまらない?って聞かれると、それなりに。と言うしかないかな。
そんな、加奈と翔太の関係のように、何ともつかみようがない感じです。

スポンサーサイト

メイン

コメント

●山田太一も・・・
フジ50周年作品にしては「風のガーデン」のような秀逸な作品には仕上がっていない・・・。

かつては鋭い切り口で若者の群像を描いた山田太一の筆もにぶったのか???

台詞回しも「橋田○賀子ドラマかっ!?」と思えるほど古めかしくて、仲間さん、加瀬さんの良さを殺している・・・。

倉本さんの「風のガーデン」は良かったなぁ~・・・(*^_^*)

>えーちゃんさん

返事が遅れて、すいません。

倉本さんは大御所とはいえ、
まだ現代の流れに乗ってるかんじですが、
どうも山田さんは、昭和の時代で止まってしまった感じですね。

「風の~」ぐらいな作品を期待してたのですが、
残念でした・・・。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。