FC2ブログ
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月18日

● トライアングル Final 「決着」

トライアングル 最終話 「決着」

亮二は、ようやくたどり着いた25年前の事件の犯人と対決することを信造に報告。
佐智絵、志摩野、サチが殺された3つの事件は、同じ人物の犯行だと告げる。
信造は、すでにその人物を捜査本部が追っていると言い、
亮二の危険な行動を止めようとする。だが亮二は「すべてを知りたい。
25年前の真実を明らかにしたい」と訴え、自ら犯人と対峙させてほしいと頭を下げる。
その悲痛な願いを受け止めた信造は、亮二が遺体の第一発見者だったことを
掴めなかった自分の不甲斐なさを詫び、真相に迫ろうとする亮二を送り出す。
待ち合わせ場所のスタジアムにやって来た亮二に、舜から無線連絡が入る。
「これ以上、犠牲者を出さないように」と信造に護衛を命じられ、
現場に向かっているという舜は、そこに現れる犯人が誰であるかをすでに知らされていた。
亮二に呼び出されたがやってきた。亮二は均に25年前の事件との関わりを厳しく追及。
緊迫したやりとりを続ける2人に、サチを狙撃したものと同じライフルの銃口が向けられていた。
亮二に狙いが定まったその瞬間、護衛のために駆けつけた舜が、男の凶行を止める。
その男とは…丸山だ!(公式HP

・脚本 …… 水橋文美江 / 演出 …… 三宅喜重
・出演 …… 江口洋介 ・ 稲垣吾郎 ・ 広末涼子 ・ 相武紗季 ・ 堺雅人 ・ 谷原章介 ・ 佐々木蔵之介
        小日向文世 ・ 北大路欣也 ・ 大杉漣 ・ 風吹ジュン ・ 市川実和子 ・ 志田友美 ・ 福田萌 etc
・主題歌 …… 小田和正 「さよならは言わない」 (BMG JAPAN)
・テーマイメージ曲 …… 上原ひろみ 「フラッシュバック」 (TELARC)
・原作 …… 新津きよみ 「トライアングル」 (角川書店)

トライアングルDVD-BOXトライアングル オリジナル・サウンドトラックトライアングルさよならは 言わない

小日向文世
小日向文世・江口洋介
江口洋介

怪しい人物=白、怪しくない人物=黒。
この方式は最後まで守ったものの・・・正直、推理ものとして、それはどうよって感じ。
あくまで、視聴者をミスリードするためにだけあったような内容で、
物語自体は、物凄く薄っぺらい・・・本当は物語ありきでこそ、ドラマだと思うんだけど。
亮二が時効を待ったのは、保身のためというのは理解できるけれど、
じゃあ、何でその後10年も必要だったのかとか、何で医者→インターポールなのかとか、
不可思議なことだらけ。もちろん、肝心の丸山の言動もおかしなことだらけで・・・。
機会があれば、丸山が犯人だと知った上でこのドラマを初めから見直してたいのですが、
恐らく、真犯人がそんなことするか?のオンパレードだと思います。
サントラを含む雰囲気とキャストによって、なんか重厚な気がするけれど・・・
実際は、とにかく「視聴者をミスリードさせる」それだけに主眼が置かれたドラマ。

スポンサーサイト

メイン

コメント

●頭が悪くって・・・
はい、おっしゃる通りです。
最初は江口さんが犯人? って思わせて、犯人じゃなかったら、どうして時効を待つの? どうしてドクターを辞めたの? って『???』だらけ…
保身のために時効を待ってたんですか?
同級生はサチ殺人事件をどうして本にしたかったのかもわかんなくなっちゃいました。本にして売れるんでしょうかね?その為に殺人まで犯して…。
そして、サチのお兄さんはどうして殺されたのか、どうしてサチが死んでしまったのかも理解できなかったです。
ところで、丸山さんが表彰される時に、「君は案外簡単な男だったな」って言われたのは何故なんですか?
すみません。理解できない事ばっかりなドラマでした。

>あんぱんさん

時効になるまで、犯人は発見者の自分を監視してると、兄に言われたので、それまで保身のために沈黙してということだそうです。

それは、それで理解できるのですが・・・
じゃあ、時効後の10年は?という疑問が残ったり、
同級生の本しかり、何かとガサツな内容だったと思います。

サチのお兄さんは、丸山が亮二を殺そうと思って毒薬を仕込んだら、代わりにお兄さんが飲んで死んじゃったということで、犬死です・・・。サチ(幼女の方でいいのかな?)の死は、ただのサチの父親に対する恨みの矛先が、たまたま見かけたサチにいっただけという、なんだ、それ。っていう流れです。

「君は~」の言葉ですが、どう理解すべきか謎ですね・・・
結局のところ、このドラマは視聴者を欺くことだけに力を注いで作られたドラマで、人間関係を含め、物凄く雑かと思います。だから、みんな謎を知りたくって見ていくのだけれど、最後まで見てもスッキリしないということになってしまうのかと思います。

ドラマの内容じゃなく、テクニック的に見せようとする、
小ざかしいドラマでした。
●すっきり!
疑問が解決しました。
そーだったんですね!
も~、管理人様は相変わらず鋭くていらっしゃる。
さすがでございます。
『小ざかしい』ってホンとそう!
パリまで行ってロケした割にはパリは何だったんだ… 
もっと面白くできたと思うのに残念でした。

管理人さん
初めは出演者が豪華だけに、どんなドラマを見せてくれるのか楽しみにしていました。
しかし謎の部分を知るために、引っ張るだけ引っ張ってこれなのかと。
実はどれだけ視聴やめようと思ったことか・・・最後は疲れてしまいました(笑)
パリ、上海とロケもされただけに、もっと違う見せ方あったのではと思います。


>あんぱんさん

豪華キャストに、海外ロケと、
制作費だけは記念番組として立派でしたが、
肝心の中身が・・・。

謎で視聴者を引っ張らないで、
ヒューマンドラマの部分をメインにしたら、
もっと面白いものができたでしょうね~

>アリーさん

亮二と共に視聴者も核心が分かっていく感じじゃなく、
謎はもう分かっているのに、「次見たら、言うね」って感じで、
引っ張る手法は、しょぼかったですね(笑)

これ、絶対に丸山が犯人だと分かった上で、
見直すと、変なシーンが一杯あるように思います。
それほど、不自然な展開でガッカリドラマでした・・・。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

小田和正 時を越えて from 絶妙な芸能ニュース速報
■スペシャルプライス■小田和正 CD【今日も どこかで】08/11/5発売商品価格:525円レビュー平均:5.0 小田和正さんが徳永英明さんの様にカバーアルバムを出したら売れると思いますか?小田和正さんが徳永英明さんの様にカバーアルバムを出したら売れると思いますか?今... [Read More]

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? from ※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住んでいたマンションにもどり、そのマンションには実家の母親が月の半分ほど宿泊していて、子育てを手伝っているのだそうです。 ?... [Read More]

高島彩&ゆず(北川悠仁)ニャンニャン動画 from 高島彩&ゆず(北川悠仁)ニャンニャン動画
高島彩 ニャンニャン ゆず 高島彩 高島彩 北川悠仁 高島彩 結婚 高島彩 北川 高島彩 画像 高島彩 ニャンニャン 高島彩 動画 高島彩 ブログ 高島彩 ... [Read More]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。