FC2ブログ
2009年03月08日

● 銭ゲバ 第8話 「悪は静かに死んでやるズラ」

銭ゲバ 第8話 「悪は静かに死んでやるズラ」

風太郎を愛し抜いた末に自殺した茜。
風太郎はその姿を呆然と見つめることしか出来なかった。
哀れな茜の胸の内を告げて風太郎を責める緑。
風太郎にある想いが去来する―――。
「―――ドライブしませんか?」
風太郎の誘いに緑は困惑する。
向かった先は、風太郎が子供の頃の、桃子とふたりだけの秘密の場所だった。(公式HP

・脚本 …… 岡田惠和 / 演出 …… 大谷太郎
・出演 …… 松山ケンイチ ・ ミムラ ・ 宮川大輔 ・ 木南晴夏 ・ 石橋杏奈 ・ 鈴木裕樹 ・ たくませいこ ・ 志保
        山本圭 ・ 奥貫薫 ・ 光石研 ・ りょう ・ 椎名桔平 ・ 齋藤隆成 ・ 森迫永依 ・ 田口トモロヲ etc
・主題歌 …… かりゆし58 「さよなら」 (LD&K Records)
・原作 …… ジョージ秋山 「銭ゲバ」 (幻冬舎)

松山ケンイチ ・ 石橋杏奈
光石研 ・ りょう

風太郎にとって、「金がなくても幸せ」という最後の砦が崩れた・・・。

ミムラ

ということで、自分の考えの正しさを証明できたから死ぬという展開も、
ショッキングではあるけれど、納得だなぁ。
風太郎の思う通りになればなるほど、風太郎の心が虚しくなっていくという、
普通とは逆の展開にこそ、このドラマの凄さがあるんだと思います。

松山ケンイチ
松山ケンイチ
松山ケンイチ

ドラマ的にワクワク、ドキドキといった面白さを出しつつ、
いろんなことを考えさせられる内容の深さもあって、土曜の夜が楽しみで仕方ありません。
いよいよ、最終回。やり切るしかありません。

椎名桔平
志保

父親といい、お手伝いさんといい、脇役の使い方も味があって良いんですよね。
面白いドラマには、良いバイプレイヤーが必ずいます。
本当にすべてにおいて、丁寧に作られていると思います。

スポンサーサイト



メイン

コメント


管理人さん
面白かったですね~最初はどうなることと思いましたが(笑)
主演の演技はもちろんの事、脇も存在感があり良いキャスティングしました。

木南晴夏さん、先日「20世紀少年 第2章 最後の希望」を見たらご出演!
また違った存在感見せてくれました。
彼女も松山さんと同事務所なんですね~
これは石原さとみちゃん、ウカウカ出来ません
(石原さんには、何か足りないと感じてるので・・・)

最近何かの記事で、85年組を見つけました。
1985年生まれの俳優、女優さんの事で・・・
宮崎 あおいさん、蒼井優さん、相武紗季さん、綾瀬 はるかさん、上戸彩さん、
貫地谷 しほりさん、加藤 ローサさん、松下奈緒さん、そして木南晴夏さん。
松山 ケンイチさん、松田翔太さん、城田優さん、これがなかなか個性揃いで(笑)


>アリーさん

今期では群を抜いて面白かったですね。
脚本しかり、キャストしかり、演出しかり、
これぞ、ドラマって感じでよかったです!

このドラマは、ホリプロドラマなんですよね~
ホリプロは、ただ主役を張るだけのアイドル俳優じゃなく、
個性的な俳優をうまく育ててきますよね。

石原さんは、良いドラマにめぐり合うかどうかじゃないでしょうか。
石原さん自身は、良い味だしてるけど、
ドラマが残念過ぎて、良い味が生きてないのかと。

情報ありがとうございます。

85年組、凄いですね(笑)
このメンバーでドラマを作れば、
かなり面白いのができそうですね!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック