--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月21日

● ラブシャッフル 最終回 「運命の人にめぐり逢うために」

ラブシャッフル 最終回 「運命の人にめぐり逢うために」

高級マンションの同じフロアに住み、ふとしたことから顔見知りになった啓、愛瑠、
旺次郎、正人たち。この4人を中心に「運命の人は本当に一人だけなのか?」
「愛情か?相性か?」という疑問を確かめるため、それぞれの恋人を交換するという
「ラブシャッフル」を始めた8人の男女。
ラブシャッフルを始めた当初、啓は恋人・芽衣の気持ちを自分に引き戻したいと
右往左往していたが、芽衣からようやく元サヤに戻り予定通り結婚したいと言われ、
無事結婚する運びとなる。そんな啓を愛瑠・旺次郎・正人は祝福し結婚式の日を迎える。
旺次郎の前から姿を消した海里が生きていた!
しかし、今さら旺次郎に会えないと海里は言い・・・。
啓は芽衣と結婚し自分のキラキラを見出せるのか?
愛瑠は新恋人?亀井と結ばれるのか?
旺次郎は海里と再会を果たせるのか?正人は・・・?玲子は・・・?
8人の男女による「ラブシャッフル」。大事なのは愛情?相性?
「ラブシャッフル」というパンドラの箱を開けた彼らが迎える結末は!?(公式HP

・脚本 …… 野島伸司 / 演出 …… 土井裕泰
・出演 …… 玉木宏 ・ 香里奈 ・ 松田翔太 ・ 吉高由里子 ・ 小島聖 ・ 貫地谷しほり ・ 谷原章介 ・ DAIGO
        野村祐人 ・ 袴田吉彦 ・ 尾美としのり ・ 佐々木省三 ・ 木下政治 ・ 辻義人 etc
・主題歌 …… アース・ウィンド・アンド・ファイアー 「Fantasy」 (ソニー・ミュージックダイレクト)
・挿入歌 …… バングルス 「ETERNAL FRAME」 (ソニー・ミュージックダイレクト)

玉木宏 ・ 香里奈 ・ 吉高由里子 ・ 小島聖 ・ 貫地谷しほり ・ 谷原章介 ・ DAIGO <br />
貫地谷しほり
松田翔太 ・ 谷原章介

本当に浮世離れしたドラマだったなと。まったく生活感がない(笑)
10年、20年前ならトレンディードラマとして、それなりの面白さがあったのかも。
でも、残念ながら現代では、古臭さの方が印象的。
結局のところ、まったく人間関係をノリだけで、丁寧に描いてないから、
誰が誰とどうなろうと、「あっ、そう」って感じしか残りません。

玉木宏
香里奈
玉木宏 ・ 香里奈

極めつけは、ジョーだの、パンダだの、タラちゃんずだの、とにかくギャグが寒い・・・。
本当に劇的に寒くって・・・苦笑するしかない・・・。
一人を除いて、キャスティングで何とか体裁を保っていたものの、
三日も経てば内容を忘れてしまうほど、薄っぺらいドラマだったなと。
運命の人なんて、巡り合うものじゃなくって、自分で選ぶもんだよ!ってことで。

スポンサーサイト

メイン

コメント


管理人さん
いや~どっか飲み屋で話してて、
昔を懐かしんでそのままドラマにした感じでしょうか(笑)

数字も正直で、野島ドラマ作品では最低を記録し、
このドラマも出演者はそれなりに揃えましたが実になってないというか・・・
逆にコメディにせず、脚本変えシビアな恋愛ドラマにした方がいくらかマシだったかも。

貫ちゃんの役柄も散々なようで、日増しに嫌なキャラになってました(笑)








>アリーさん

酔っ払いながら、ノスタルジックにふけて、
バブリーな時代を思い出しながら書いたのかもしれませんね(笑)

結局、メインの啓と芽衣と愛瑠の関係よりも、
旺次郎と海里と正人の関係の方が面白かったですから、
初めから、もっとシビアにミステリーぽく、
旺次郎と海里の物語をメインにしてた方が、
面白かったのかもしれませんね。

貫ちゃんの役は、最低の女でしたね(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。