--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月16日

● アイシテル - 海容 - 第1話 「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

アイシテル - 海容 - 第1話 「すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語」

野口さつきは小学5年生の智也と夫・和彦のごく普通の3人家族。
さつきの目下の関心事は智也の進学だ。智也の塾代にとウェイトレスのバイトをし、
栄養バランスを考えた食事を摂らせるなど気を配っている。
肝心の智也は最近ロクに口もきいてくれないが、さつきは「男の子はそんなものかも」と
あきらめぎみだ。いっぽうの小沢聖子もまたどこにでもいる主婦。
小学2年生の清貴と中学生の美帆子、夫・秀昭の4人家族のなかで、
かわいいざかりの清貴は家族のマスコット的存在だ。姉の美帆子だけは甘え上手な弟と、
そんな弟を可愛がる母親をやや冷ややかな目で見ている。
そんなある日、聖子が友人とのランチでわずか15分間家を空けたすきに清貴が帰宅し、
ランドセルを置いたままどこかへ行ってしまった。必死で清貴を探す聖子。
だが家族の願いと警察の捜索もむなしく、清貴は遺体となって発見される。
自分さえ家にいれば清貴は死ななかった…と、後悔の念にさいなまれる聖子。
それからしばらくして、さつきの家に刑事がやってくる。清貴ちゃん殺しの容疑者として、
塾帰りの智也を保護したというのだ。そんなことあるわけがない、と耳を疑うさつき。
だが保護中の智也はあっさりと犯行を供述してしまう。ショックを受け狼狽するさつき。
そんなさつきに、夫の和彦が子育てする母親の責任を問い始め……(公式HP

・脚本 …… 高橋麻紀 / 演出 …… 吉野洋
・出演 …… 稲森いずみ ・ 板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷 ・ 嘉数一星 ・ 佐藤詩音 ・ 山本太郎
        田中美佐子 ・ 吉川史樹 ・ 田畑智子 ・ 藤田弓子 ・ 高山猛久 ・ 志村玲那 ・ 折山みゆ etc
・主題歌 …… MONKEY MAJIK 「アイシテル」 (binyl records)
・挿入歌 …… 新垣結衣 「うつし絵」 (ワーナーミュージック・ジャパン)
・原作 …… 伊藤実 「アイシテル - 海容 -」 (講談社)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 後編 (2)アイシテルうつし絵うつし絵(通常盤)

嘉数一星

重い・・・重過ぎる・・・。これ、どんな結末になっても救われる人はいないじゃん・・・。
加害家族、被害家族に対してのマスコミを含む周囲のこととか、
あまりにもテーマがあり過ぎて、やり切れるのか?っていうのが最初に思ったこと。
「銭ゲバ」のように、やり切れれば良いけれど・・・
中途半端に綺麗ごとですませちゃうと、物凄く残念なことになってしまうので、
是非、ここは重いドラマをとことん重くする気持ちでやって欲しいなぁ。
このドラマを見ると、みんな欝になっちゃうぐらいでも良いと思う!

板谷由夏
稲森いずみ

自分が人を殺したり、殺されたりするっていうのなら、
そのすべてを自分で受け止めるしかない訳で、ある意味、自分の中で消化できるけど、
自分の子供が加害者になったり、被害者になったりするっていうのは、
本当に自分がどうしていくべきなのか、物凄く先が見えないことですね。
しかも、子供が子供を、というのは・・・どんな結末になるか見応えはありそう。

川島海荷

川島海荷さんは、いつも怪我か病気か不幸な家族が多いねぇ・・・。

稲森いずみ ・ 山本太郎

それにしても、野口家はもう崩壊だろ・・・。この父親は最低過ぎる・・・。
産まなきゃよかった発言した時点で、自分なら離婚だね。
この父親を通して本当に親っていうのは、どんな存在であるべきかをしっかり描いて欲しい!

スポンサーサイト

メイン

コメント


管理人さん
私も“重すぎる~最後まで見続けられるだろうか”
“よくこの題材をドラマにと・・・”と思いましたよ。
初回は見応えありました。
今や子供が子供を、親が子供を、子供が親を、のニュースが多くある世の中ですから、
視聴者も関心高く見ているのだと思います(数字も高いとか・・・)
ただ一つ「銭ゲバ」のように最後まで描ききれるのか、
これは脚本、スタッフの覚悟と腕の見せ所でしょうか。

ここ最近日テレは挑戦してますね!






コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。