--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月23日

● アイシテル - 海容 - 第2話 「禁断の葬儀」

アイシテル - 海容 - 第2話 「禁断の葬儀」

小学生の母親として、また妻として、ごく普通の生活を送っていた主婦の野口さつき。
しかし5年生の息子・智也が、小沢聖子の息子・清貴を殺害した罪で
警察に保護されてしまった。淡々と殺人を認める智也に、さつきと夫の和彦は
「なぜうちの子がこんなことを・・」「自分たちの育て方が間違っていたのか・・」と悩み苦しむ。
いっぽう聖子もまた、ニュースで小学生が犯人だという事実を知りショックを受けていた。
だがなによりも聖子を苦しめていたのは「私がランチのために15分家を空けなければ、
キヨタンはいなくならなかった」という、母親としての責任と後悔の念だった。
見えないキヨタンにあやまり、話しかける聖子の様子を、娘の美帆子や夫・秀昭は心配する。
やがてさつきと和彦のマンションにはマスコミが殺到し、ドアに落書きがされるなど、
嫌がらせが相次ぐようになる。そんななか清貴の告別式が行なわれることを知ったさつきは、
告別式へ向かう。しかし、最愛の息子を奪われた小沢家の悲しみに触れたさつきは、
いたたまれなさにその場を立ち去ってしまう。
そんなさつきに智也の事件を担当する家庭裁判所の調査員・富田が声をかける。
自身も小学4年生の息子の母である富田は、堅く心を閉ざした智也に対しても
気さくに温かく接し、智也も少しずつ心を開いていく――(公式HP

・脚本 …… 高橋麻紀 / 演出 …… 国本雅広
・出演 …… 稲森いずみ ・ 板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷 ・ 嘉数一星 ・ 佐藤詩音 ・ 山本太郎
        田中美佐子 ・ 吉川史樹 ・ 田畑智子 ・ 藤田弓子 ・ 高山猛久 ・ 志村玲那 ・ 折山みゆ etc
・主題歌 …… MONKEY MAJIK 「アイシテル」 (binyl records)
・挿入歌 …… 新垣結衣 「うつし絵」 (ワーナーミュージック・ジャパン)
・原作 …… 伊藤実 「アイシテル - 海容 -」 (講談社)

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)アイシテル~海容 後編 (2)アイシテルうつし絵うつし絵(通常盤)

板谷由夏 ・ 佐野史郎 ・ 川島海荷
稲森いずみ
板谷由夏

十分分かってるとはいえ、やっぱり思いなぁ・・・。
かといって、こういった犯罪はドラマの中のものだけじゃないし、
とことん重かろうが何だろうがやりきって欲しいと思います。
個人的には、子供がどんな罪を犯そうと親が示唆した犯罪じゃない限り、
基本的には、子供自身に責任があると思うけど。
子供がしたことの罪を親が責任を感じるのは、親が思うことであって、
社会がそれを強要するのは、甚だおかしいと思います。
一生、子供は親の奴隷だというのらいいけどね。でも、そうじゃないんだから。

ママはあなたが大好き

それにしても、気になるのがやたらこのドラマでは父親がダメに描かれ過ぎ・・・。
別に家族でこの問題を受け止めるのでも、問題ないと思うのだけど、
何故か、母親と子供の関係だけを強調したがってることにどんな意味があるのだろ?
子供が世界を敵にまわしても、どんなに悪でも母親だけは味方だよ、
っていう、散文的なことに帰結させるのは、ちょっと興ざめな気がします。

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。