FC2ブログ
2007年06月20日

● 花嫁とパパ 第11話 「娘の涙と父の涙」

花嫁とパパ

自分を出産したことで母親が亡くなったと知った宇崎愛子は、ショックから立ち直れずにいた。
心配する父・賢太郎からの電話にも出ずに街を歩き、
やがて、三浦誠二の父・誠造が入院する病院へとやってくる。
そこで、三浦と会った愛子は、三浦に母親の件を打ち明けようとするが、
医師から誠造の容態が思わしくないと聞いた三浦はそのことで頭がいっぱい。
愛子の話を聞かずに、結婚して一緒に静岡の実家に来てほしいと、焦るように頼む。
愛子は、そんな三浦に答えることができない。(公式HP

・脚本 …… いずみ吉紘 / 演出 …… 石川淳一
・CAST …… 石原さとみ ・ 時任三郎 ・ 和久井映見 ・ 田口淳之介 ・ 白石美帆 ・ 滝沢沙織 ・ 今井りか
         西原亜希 ・ 忍成修吾 ・ 佐津川愛美 ・ 中園友乃 ・ 広岡由里子 ・ 金田美香 ・ 浅野和之 etc
・主題歌 …… 加藤ミリヤ&COLOR 「My Girl feat. COLOR」 (ソニーレコード)
・挿入歌 …… 時任三郎 「君の帰る場所」 (ユニバーサル・ミュージック)

花嫁とパパ DVD-BOX花嫁とパパ DVD-BOX
石原さとみ・田口淳之介・小泉孝太郎


「花嫁とパパ」オリジナル・サウンドトラックMy Girl feat.COLOR君の帰る場所~SingleVersion~


hana_2007_0619_002.jpg

結婚っていうのは、好きな感情だけでできるほど単純なものではないもの。
好きな人と結婚できないこと=不幸という方式が自分にはないんですよね。
好きな人と別れたり、結婚できなかったりするのは悲しいことだとは思うけれど、
別に不幸でもなんでもなく、ただ縁がなかっただけなんじゃないかと。
つまり、結局のところ「自分がどうしたいか」が一番重要であり、
その結果、結婚しようと別れようと正解だと思うので・・・
愛子と三浦が決めれば良いことだと思うのだけれど・・・
まだ恋愛や結婚に憧れてる世代ならドキドキものかもしれないけど、
それなりに社会を経験してくると、
したくてもできないことは多々あることを経験しちゃうから、
その辺のところが鈍感になってきてるのかもね。

とりあえず・・・

hana_2007_0619_003.jpg

どんどん存在感がなくなる、いつもの3人組。


石原さとみ写真集 二十歳、夏石原さとみ写真集 二十歳、夏



石原さとみ 2008年カレンダー氷点 DVD-BOX窓を開けたらNs'あおい DVD-BOXNs’あおいSP

スポンサーサイト



メイン

コメント

●( ̄(エ) ̄)ノばんわぁ☆
時任さんは、とうとう
娘が朝帰りしても、理由を聞く耳を持つ
すっかり「話のわかる父親」になってしまいましたね。
(≧ω≦)ぷっ!

>あんさん

こんにちは~

そうですね(笑)

いつの間にか、父と娘の関係がメインのはずが
普通の娘の恋愛問題に首を突っ込むだけの父親に
なってしまいましたね。

とてもプロの脚本とは思えません(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック