FC2ブログ
2007年06月23日

● 特急田中3号 最終話 「俺達の列車は未来へ走り続ける」

特急田中3号

田中は、自分には照美に胸を張って話せる夢がないので、別れようと照美に告げる。
照美は、付き合っているわけでもないのに別れを告げられて戸惑うが、
二度と会うつもりはないと田中に言われ、複雑な気持ちに。
そして、桃山も、琴音を諦め、結局「寝台特急北斗星」旅行を実現できるのは
花形と理子の一組だけになってしまった。
田中は気持ちを切り替えて、花形と桃山を誘って三人で旅行会社を立ち上げようと提案。
世界一の社長になってやる!と決意を新たにする。
花形と桃山は、田中の無謀な思いつきに呆れるが、一人暴走する田中。
そんな折、田中が大学を退学したという告知を見た花形と桃山は田中のもとへ駆けつける。
一方、照美は、延岡への出向の話を受けることを決意したものの、
このまま田中に会わないまま行ってしまっていいものか悩んでいた。(公式HP

・脚本 …… 橋本裕志 / 演出 …… 金子文紀
・出演 …… 田中聖 ・ 栗山千明 ・ 塚本高史 ・ 加藤ローサ ・ 秋山竜次 ・ 平岩紙 ・ 木村了 ・ 豊岡真澄
        橋本じゅん ・ 吉行和子 ・ 大河内奈々子 ・ 海東健 ・ 遠藤憲一 ・ 高橋一生 ・ 木村裕子 etc
・主題歌 …… KAT-TUN 「喜びの歌」 (J-One Records)

特急田中3号 DVD BOX特急田中3号 DVD BOX
田中聖・栗山千明・塚本高史・加藤ローサ

特急田中3号 オリジナル・サウンドトラック特急田中3号 オフィシャル・ガイドブック喜びの歌 (初回限定盤)(DVD付)喜びの歌 (通常盤)

tanaka_2007_0622_006.jpg

tanaka_2007_0622_002.jpg

つくづく思うのは、このドラマ・・・もう少しうまくやれば結構面白くなったんじゃないかって
最終回を見て思いますね。初回と最終回は、それなりに良いと思うんだけど、
途中があまりにもグダグダ過ぎ。会社を作る話で初めからいけばいいのに。
そして、いろいろ苦労して会社を作って、最初の企画で北斗星に。っていう感じだったら、
もっとスッキリして良かったんじゃないかと。元カレの話とか余分すぎ。

tanaka_2007_0622_005.jpg

tanaka_2007_0622_004.jpg

tanaka_2007_0622_003.jpg

最後になって、急に時刻表の達人ぶりを披露する照美に、空気の読めないキャラが妙に
ハマる琴音に、花形の背中を叩く姿が可愛い理子と個性がでてきて終わりなのは残念だな~
もう少し、その辺の個性をだしてくれていたら、もっと魅力的な3人組だったのにね。
男性陣も、もっとやるな!鉄道オタク!っていうのを見せて欲しかったなと。

tanaka_2007_0622_001.jpg

とにかく役者さんの魅力だけで突っ走ってきたドラマだったな~
これにもう少しだけでも脚本がしっかりしていれば・・・
初回と最終回の雰囲気をずっと維持できていたらね。ただのつまらないドラマじゃなくて、
うまくやれていたら・・・と、どうしても思ってしまう、残念ドラマでしょうか。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック