FC2ブログ
2007年10月20日

● 死化粧師 -エンバーマー間宮心十郎- episode3 「独身女の死顔」

shi_2007_1019_001.jpg

ある夜、エンバーマーの心十郎に、葬儀屋の恋路から仕事の依頼が入った。
心十郎は、急いで作業場の教会へ向うが、遺体がなく不審に思っていた。
その時、部屋に何者かの気配を感じた彼は、恋路だと思い声を掛ける。
ところが、その人物は女医の小雪だった。
どうやら小雪は、恋路の口を割らせて“謎のエンバーマー”が
心十郎だということを知り、乗り込んできたのだ。
人間は死んだら終わりと考える彼女は、遺体に腐敗防止や殺菌処置を施して
生前の姿に修復するエンバーミングは必要ないと考えていた。
そのため、心十郎がエンバーミングをすることに腹を立て
「病院から追い出す」と宣言し、その場を後にする。小雪と対立を深める心十郎・・・。
そんな中、心十郎にエンバーミングの生前予約が入る。(公式HP

・脚本 …… 加藤綾子 / 演出 …… 水村秀雄
・CAST …… 和田正人 ・ 篠原真衣 ・ 忍成修吾 ・ 五十嵐隼士 ・ 小野麻亜矢 ・ 安倍麻美
         国生さゆり ・ 小野寺昭 ・ 六角精児・中村久美 ・ IKKO ・ 中村容子 ・ 松浦愛弓 etc
・主題歌 …… より子 「ココロの鍵」(EMIミュージック・ジャパン)
・オープニング …… 超飛行少年 「スライド」 (コロムビア)
・原作 …… 三原ミツカズ 「死化粧師」 (祥伝社フィールコミックスs)

死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX
和田正人・五十嵐隼士・篠原真衣


死化粧師 1 (1) (Feelコミックス)死化粧師 2 (2) (Feelコミックス)死化粧師 3 (3) (Feelコミックス)ココロの鍵スライド


shi_2007_1019_002.jpg

やっぱり、おちゃらけシーンはいらないな・・・。
変に重いドラマにならないようにしてるのかもしれないけど、
逆にそれが、このドラマの質を大いに下げてるような・・・。

shi_2007_1019_004.jpg

おちゃらけシーンも今回の合コンのように意味があるなら良いんだけどね。

shi_2007_1019_005.jpg

ミツルもやっと意味のある役割で、うまく今回は出演者を使えていて、
こんな感じで、脇役陣を起用できていったら、
もっと充実したものになると思うので、頑張って脇役陣を活かすようにして欲しいです。

shi_2007_1019_006.jpg

恋路とミツルのシーンが多かった分、
アズキのシーンは激減・・・でも、たまにはこういったのもありですかね。

shi_2007_1019_003.jpg

「死んでからも体にメスを入れられて、遺族は、それで喜ぶと思っているのか。」

小雪にエンバーマーだとバレたけど・・・
小雪には、もっと論議に値するような問題提議をして欲しかった。
遺族が同意して初めてエンバーミングができる訳で、遺族が望んで実施されてる以上、
遺族は、エンバーマーが、しっかりした仕事をしたのであるならば「喜ぶ」に決まってる。

shi_2007_1019_007.jpg

shi_2007_1019_008.jpg

いつものような、お決まりパターンでなく、
心十郎を葬式に参列させることで・・・
依頼者の「生」と「死」に係らせた今回の話は、いつもと違った感じが新鮮でした。

shi_2007_1019_009.jpg

「お葬式に来てくれる?誰も来ないから」と思いながら、死ぬって寂しいですよね・・・。
「誰の思い出にも残らないで、消えるのが・・・寂しい。」
という、セリフは、グッとくるものがありました。

shi_2007_1019_010.jpg

そんな寂しいまま、終わるかと思いきや・・・救われる最後のシーンに、ホロっと。
特に子供の「この人、お姫さま?」の一言とか、
「ブリザーブド・フラワー」を思い出の形見分けにした演出とかは、
なかなか心憎いものがあって、良かったです。


新しい葬送の技術 エンバーミング―遺体衛生保全新しい葬送の技術 エンバーミング―遺体衛生保全
公益社葬祭研究所


死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)死化粧(エンゼルメイク) ~最期の看取り~

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック