FC2ブログ
2007年10月28日

● 死化粧師 -エンバーマー間宮心十郎- episode4 「少女自殺予告」

shi_20071026_001.jpg

ある日、エンバーマー・心十郎が清掃員として働く病院の
入院患者・川辺絵里の容態が急変した。
医師の小雪や看護師のアズキたちが手を尽くすが、絵里は帰らぬ人となった。
家族が悲しみにくれる中、葬祭コーディネーターの恋路は、葬儀の話を進めようとしていた。
すると絵里の母親は、客船船長の夫は航海中のため、すぐには帰国できないという。
恋路は、帰国するまで遺体を保つことができる、エンバーミングを勧めるのだった。
一方、心十郎の前に、ゴシックロリータの服装をした女子高生・亜璃唖が現れ、
自殺した後、自分の死体をエンバーミングしてほしいと依頼してきた。
その理由を聞いた心十郎は、エンバーミングを誤解している
亜璃唖を叱責して、追い返すのだった。
ところが翌日、リストカットをした亜璃唖が病院に運び込まれた・・・。(公式HP

・脚本 …… 加藤綾子 / 演出 …… 森雅弘
・CAST …… 和田正人 ・ 篠原真衣 ・ 忍成修吾 ・ 五十嵐隼士 ・ 小野麻亜矢 ・ 安倍麻美
         国生さゆり ・ 小野寺昭 ・ 六角精児 ・ 中村映里子 etc
・主題歌 …… より子 「ココロの鍵」(EMIミュージック・ジャパン)
・オープニング …… 超飛行少年 「スライド」 (コロムビア)
・原作 …… 三原ミツカズ 「死化粧師」 (祥伝社フィールコミックスs)

死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX死化粧師 ~エンバーマー 間宮心十郎~ DVD-BOX
和田正人・五十嵐隼士・篠原真衣


死化粧師 1 (1) (Feelコミックス)死化粧師 2 (2) (Feelコミックス)死化粧師 3 (3) (Feelコミックス)ココロの鍵スライド


shi_20071026_010.jpg

軽いシーンが、どうしても余分かな。
意味があればいいけど・・・どう見ても、コミカルなシーンだけが浮いてます。

shi_20071026_002.jpg

「時間を止める魔術師がいます」

shi_20071026_003.jpg

物語の内容は、毎回ワンパターンにならないように
エンバーミングについて、いろんな視点から展開していくのは良い感じ。

shi_20071026_007.jpg

「人間は、なあ・・・生きてる体が一番綺麗だ。」

生きることを放棄して、自分を人形のようにエンバーミングによって着飾って欲しいと、
願う亜璃唖に言った心十郎の言葉こそ重要なこと。
そこのところを分かってエンバーミングをしないと、ただの死体装飾業者に。

shi_20071026_005.jpg

「エンバーミングは、綺麗な死体を作るためにあるんじゃない。」

心十郎がいつも言う「美しい最期を、あなたへ」の「美しい」というのは、
美的感覚の「美」ではなくって、輝いて生きていた時のままの姿=「美」として
エンバーマーは捉えてるということなのでしょうか。
「死」と「生」の狭間を埋めるのがエンバーマーの仕事なのかもしれません。

shi_20071026_006.jpg

あくまでもエンバーミングは、死者と残された人たちが、
より良い別れを迎えれるようにするためのものであって・・・
決して大切な命を超えるものではないですよね。

shi_20071026_008.jpg

shi_20071026_009.jpg

ヒロインの割りに、なかなか本題のエンバーミングに関わってこないんですよね、アズキは。

shi_20071026_004.jpg

アズキとは対象的に小雪先生が、どんどんエンバーミングに首を突っ込んでくるのが・・・
鋭い切り口から、エンバーミングに対して疑問を投げかけるなら面白いんだけど、
ただただ感情的な接し方が、どうもね・・・。
しかも、大声をあげてれば、怒ってるという演出もどうかと。


新しい葬送の技術 エンバーミング―遺体衛生保全新しい葬送の技術 エンバーミング―遺体衛生保全
公益社葬祭研究所


死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)死化粧(エンゼルメイク) ~最期の看取り~

スポンサーサイト



メイン

コメント

●承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック