FC2ブログ
2007年11月19日

● ちりとてちん 第7週 「意地の上にも三年」

chiri_20071119_001.jpg

元一番弟子の草原と四番弟子・四草が、徒然亭一門に帰ってきた。
喜ぶ喜代美と草々だが、肝心の草若は「俺はもう落語家やない」と素っ気ない。
熊五郎が店でライブをやることにヒントを得て、喜代美は皆に、
落語会を「寝床」で開こうと提案する。熊五郎の了解を得た弟子三人は
落語のけいこを始め、喜代美は当日そばを出すことで皆の役に立とうとする。(公式HP

・脚本 …… 藤本有紀 / 演出 …… 井上剛
・出演 …… 貫地谷しほり ・ 和久井映見 ・ 松重豊 ・ 江波杏子 ・ 京本政樹 ・ 佐藤めぐみ ・ 原沙知絵
        渡瀬恒彦 ・ 青木崇高 ・ 桂吉弥 ・ 茂山宗彦 ・ 加藤虎ノ介 ・ 木村祐一 ・ 田実陽子 etc
・テーマ曲ピアノ演奏 …… 松下奈緒

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)
貫地谷しほり


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX II 割れ鍋にドジ蓋ちりとてちん 完全版 DVD-BOX III 落語の魂 百まで「ちりとてちん」オリジナル・サウンドトラックちりとてちん―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)


chiri_20071119_002.jpg

「今日から、おれがお前の寝床~♪」
こんな衝撃的な形で幕をあげた第7週が・・・最高の一週間になりました。
ずっと神ドラマじゃないかと自信を持ってましたが、今回で自信から確信に!
このドラマを見ないでどうする!というほど、お勧めです。

chiri_20071119_003.jpg

どうしても小草若だけは、一門に頑なに戻らないツライ過去や・・・

chiri_20071119_004.jpg

一家総勢で、大阪まで来てしまう貧乏はどうした?和田家のバイタリティに圧倒・・・

chiri_20071119_005.jpg

ゴミを見て、宝や!と言う姿を見て、こうしてゴミ屋敷が出来るのかと思ったり・・・
とにかくてんこ盛りの面白さの中で・・・まず最初の感動は・・・

chiri_20071119_006.jpg

chiri_20071119_007.jpg

小草若が父である草若を許さないと言いつつ、徒然亭を名乗ってることでちゃんと
師匠の芸を絶やさないようにしてるんや!と、いつも喧嘩ばかりしてる草々に
心の中を衝かれる言葉を投げかけたシーンは、物凄く良かったですね。
口では、許さないといっても心の底ではいつも草若のことを心に留めている小草若に、
小草若のことを良く言わない草々だけど、ちゃんと小草若の気持ちを分かってるでぇ!
という、心で結ばれている関係に感動。

chiri_20071119_008.jpg

そして、草若への小草若の誤解も解けるのだけれど・・・
あんなにいつも愛情一杯の草若が、奥さんにひどいことする訳ないよね。
師匠と弟子の関係から、親子関係よりも師弟関係を選択せざる得ない芸の道の
厳しさと切なさを思うと、今までどんなに小草若から罵倒されても温かく
小草若の活躍を見守る草若の心情を思うと泣けます。

chiri_20071119_009.jpg

そして、ついに・・・ついに・・・徒然亭一門が揃って、
もうこれだけでこの週は終わっても十分感動ものだったのに、
さらに、その上をいく感動が待ち受けているとは・・・流石に予想もできなかったです。

chiri_20071119_010.jpg

草々が頑張らなかったら、実現しなかった落語会。
トップバッターで、初めて師匠から教えてもらった「寿限無」が演目なのが、
また一から落語を始めます!という決意のようで泣けます。

chiri_20071119_011.jpg

師匠から「崇徳院」が似合うと言われてきた演目を、ついに披露。
普段は計算高く振舞ってるいるけれど、本当は優しい奴なんだと、
師匠がいつも自分を見ててくれた、お返しをしたようで、泣けます。

chiri_20071119_012.jpg

トリの前、ヒザが一番落語では難しいと言いますが、そんなヒザでいつも場を
冷やしていたけれど、三年という月日もネタを集めれたという芸の肥やしに
なってる成長を師匠に見せれている姿が泣けます。

chiri_20071119_013.jpg

そして・・・「小草若」という芸名をもらった時の嬉しさを思い出しながら、
演目を「愛宕山」から「寿限無」に突然変えてしまった小草若だけれど・・・
その寿限無が「オヤジ、今までありがとう!」って聞こえるようで、底抜けに泣けます。

chiri_20071119_014.jpg

どんなに距離は離れていても、いつも師匠と落語を思い続けた四人の弟子に、
成長した弟子を温かい眼差しで見つめる草若の気持ちを考えるだけで、マジで泣けます。
もう、どんだけ泣かすねん!というほど、感動のオンパレード。
でも、さらに超感動はまだこの先に・・・なんちゅう、恐ろしいドラマなんだ・・・。

chiri_20071119_015.jpg

小草若が今までの思いから、泣きまくりで退場した後、ススーーーっと、
高座に上がる草若を見て、今までいろんな迷惑をかけたけど、
それでも、自分と落語のことを忘れないでいてくれて、本当にありがとう!
と、師匠が弟子に返答するかのようで泣きまくりです。

chiri_20071119_016.jpg

chiri_20071119_017.jpg

chiri_20071119_018.jpg

chiri_20071119_019.jpg

chiri_20071119_020.jpg

草若披露した演目は、十八番の「愛宕山」
そして、その演目こそ・・・喜代美が初めて落語に触れた草若の「愛宕山」
徒然亭一門と和田家をつなぐ「愛宕山」を聞いただけで、もう感動で胸一杯です。
こうやって書いてる今でも思い出して、ウルウルです。
もう、これで終わってしまっても文句を言えない出来なのにまだまだ序盤です。
今後、どれだけの笑いと涙をくれるかと思うと、それだけでたまりません。
本当に、そ~こ抜けに素敵で面白いドラマです。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●こんにちは♪
土曜日の回は感動しました!
見落とさなくて本当に良かったよぉv-408
渡瀬さんて、本当に落語家さんにもなれそうな
素敵な語り口ですね!
ずっと聞いていたいような、そんな心地よさを
感じるし、一門みんな上手でビックリ!
そうとう練習してそうですね。
●おはようございます!
>あんさん

毎週土曜日の締めには、良い話をもってきますよね~
この調子で半年を乗り切ったら、伝説のドラマになりそうな勢いです!

渡瀬さんの好演が光り過ぎてて眩しいです!

徒然亭一門で、NHKの番組の企画の中で
実際に落語をしそうな感じがします(笑)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック