FC2ブログ
2007年11月26日

● ハタチの恋人 第七話 「もしかして娘?」

hata_20071125_001.jpg

風太、由紀夫、中島、美樹らがいる前で、
ついにユリに圭祐が森山リュウでないことを知られてしまった! 
ユリと2人きりになった圭祐は、すべてを白状して謝罪する。
しかし、ユリの怒りは治まらない。
ユリは、圭祐に軽蔑しますと言い放ち部屋を飛び出してしまうのだった。(公式HP

・脚本 …… 吉田紀子 / 演出 …… 清弘誠
・CAST …… 明石家さんま ・ 長澤まさみ ・ 塚本高史 ・ 黒瀬真奈美 ・ 森下愛子 ・ 菅沼等士 ・ 福井博章
         小泉今日子 ・ 市村正親 ・ 蒲生麻由 etc
・主題歌 …… ザ・ピペッツ 「恋ってカンジ!?」 (ユニバーサル インターナショナル)
・挿入歌 …… ファーギー 「ピック・イット・アップ」 (ユニバーサル インターナショナル)

hata_20071125_002.jpg

hata_20071125_003.jpg

hata_20071125_004.jpg

騙して近寄ってきただけでも、十分腹ただしいのに執拗なメール攻撃は、普通引くね。
時代が時代なだけに、現実なら警察沙汰になってるような話ですね。
さんまがどうこうじゃなく、圭祐に何の魅力もないのがダメだな・・・。
だからこそ、尚更圭祐じゃなく、普通にさんまが出てるだけに思えてしまいます。
結婚前に浮気、結婚後に浮気、そしてずっと元カノのことを思い続けているって・・・

hata_20071125_005.jpg

結婚式前夜に元カノとホテルだぁ?・・・つくづくどうしようもない奴・・・。
家族がいるのにユリに会いにせっせと行動するのも、そんな過去があれば、納得。
こんな圭祐を救う話はいらんね。とことん不幸になる展開を希望。
圭祐はまったく純粋で優しいおじさんではなく・・・
ただただ、その場その場の空気に流される都合の良いおっさんでしかないのがね・・・。
そんな圭祐がユリと会うのは最後と決めて握手を求めるシーンは・・・
純粋な気持ちで手を差し出しとは到底見えなく・・・この辺の主人公そのものの
魅力が欠如してるのが、このドラマ最大の致命傷。


長澤まさみ 2008年カレンダー長澤まさみ 2008年カレンダー



卓上 長澤まさみ 2008年カレンダーそのときは彼によろしく スペシャル・エディション(2枚組)プロポーズ大作戦 DVD-BOXロボコンNO MEANING[写真集]

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック