FC2ブログ
2007年12月11日

● ガリレオ 第九章 「爆ぜる - 前編 -」

ガリレオ 第九章 「爆ぜる - 前編 -」

10月13日夜、栃木県の龍仁湖で爆発事故があった。湖上のボートが、
突然火柱を上げて爆発し、吹き飛んだのだ。
それからおよそひと月半ほどたったある日、湯川は、貝塚北署の薫から、
帝都大学の卒業生が巻き込まれた奇怪な事件の話を聞く。
薫と弓削は、ある中学校の文化祭で防犯に関する公開授業を行った。その帰り、薫たちは、
美術部の生徒が展示した“ゾンビのデスマスク”という石膏の仮面を見て驚く。それは、
あまりにもリアルな表情をした仮面だった。
するとそこに、藤川伸江という女性が現れ、仮面を見るなり震えだした。
伸江は、この顔が失踪した自分の息子に間違いない、というのだ。(公式HP

・脚本 …… 古家和尚 / 演出 …… 西坂瑞城
・出演 …… 福山雅治 ・ 柴咲コウ ・ 北村一輝 ・ 品川祐 ・ 真矢みき ・ 渡辺いっけい ・ 林剛史 ・ 葵

        福井博章 ・ 伊藤隆大 ・ 高山都 ・ 坂本真 ・ 泉晶子 ・ 升毅 ・ 本上まなみ ・ 久米宏 etc
・主題歌 …… KOH+(コープラス) 「KISSして」 (ユニバーサル ミュージック)
・原作 …… 東野圭吾 「探偵ガリレオ」 「予知夢」 (文藝春秋)

ガリレオ DVD-BOXガリレオ DVD-BOX
福山雅治 柴咲コウ 北村一輝


フジテレビ系全国ネット月9ドラマ「ガリレオ」オリジナルサウンドトラック探偵ガリレオ (文春文庫)予知夢 (文春文庫)容疑者Xの献身KISSして(DVD付)


gali_20071210_002.jpg

まさしく今回は「前編」でして・・・リアルな仮面の謎も、
ただただ事件の真相を解く決定打ではなく、事件解決への糸口となるものでしかないので、
事件が動き出したという印象しかないので、総合的な感想は全てが解決してから。

gali_20071210_003.jpg

一応、後編のために時系列を整理しときます。

10月13日 龍仁湖で爆発事故発生。
        水中に向かって、「藤川!」と叫んでいた梅里尚彦が爆死。

10月16日 藤川が、木島宅の前で木島と口論。

10月19日 気象庁によると、自然公園付近で落雷。
        湯川の検証により、藤川はこの日までに死亡。

10月21日 午前・・・自宅前でヘルメットをした藤川をアパートの管理人が目撃。
        午後・・・藤川の実家へ本人から留守番電話が入る。

11月01日 中学生が、自然公園でデスマスクを拾う。

11月23日 文化祭で薫がデスマスクを見る。そして、それが藤川のものと判明。
        その後、自然公園の池から額を銃で撃ち抜かれた藤川の遺体を発見。
        藤川は、被爆していると監察医の桜子が湯川に告げる。

※ 10月20日~11月5日まで、木島は訪米。

gali_20071210_009.jpg

gali_20071210_004.jpg

いつもは感情的な薫が・・・

gali_20071210_005.jpg

gali_20071210_010.jpg

いつも論理的思考の湯川を感情的になってないかと詰め寄り、いつもと二人の立場が
逆なのが、どう今後話を面白くさせてくれるか期待したいところ。

gali_20071210_006.jpg

事件の鍵、そして湯川を感情的にさせるのが木島なんですが・・・
こうした重要な役に久米宏さんっていうのも、どうかと。
風貌は良いとしても、あの棒っぷりは興ざめ。他に重厚な役者さんは一杯いるのに、
なぜ、久米宏さんなのか・・・福山さんが推したらしいけど、どう見てもミスキャスト。

gali_20071210_008.jpg

エンディングでVS~知覚と快楽の螺旋~」から「KISSして」に変な変わり方をして、
何ともスッキリしない妙な終わり方をした訳ですが・・・
その時に丁度、久米さんのクレジットがあったのも皮肉なものでしょうか。

gali_20071210_007.jpg

もう一人のキーパーソン、京子役に本上まなみさんなのは良いけどね。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●見逃したけれど・・・
久米宏、棒なんだぁ~あはは。
確か大学時代は田中真紀子と演劇サークルにいたんですよね?

今期はダントツ一位の視聴率らしいけれど、福山&柴咲&豪華なゲスト出演の話題性だけで持っているようなドラマのような・・・この二人、スター性はあるけれど演技力がそこについていかないですよね~SMAPがこの二人のモノマネしていてあまりに似ていてウケたけれどまさにあんな感じ。

>えーちゃんさん

そうなんですか!演技サークルですか!
しかも、田中真紀子さんと一緒とは、
凄いサークルですね(笑)

「SP」でも露木さんがでてましたが、
読むことと、演技をしてセリフを言うことでは
まったく違った次元の能力が必要ということがよく分かります~

原作といい、福山&柴咲コンビですからつかみはOKだし、良いシーンもあるから雰囲気として、良く見える作品ですね。
ただ、トータルで見てしまうと・・・外観はベンツなんだけど、エンジンはカローラと言いますか・・・「ちりとてちん」のような見終わった充実感を得れないのが残念なところです。

SMAPのゴロレオは見てないのですが、友人も似てる!と絶賛でした(笑)
福山さんと柴咲さんは、良くも悪くもイメージ通りの役ばかりというのが、役者としての幅を狭めちゃってるでしょうか。
もっといろんな役にチャレンジして良い役者さんになって欲しいんですけどね~

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック