FC2ブログ
2007年12月17日

● ハタチの恋人 最終話 「バージンロード」

hata__20071216_001.jpg

由紀夫の父親に会う約束の日、ユリは圭祐が乗る大阪行きの新幹線に乗り込んでしまう。
圭祐はユリに帰るように話しているとき、マナーモードにしている圭祐の携帯が震える。
デッキで携帯をとった圭祐に、風太(市村正親)はユリが行方不明になったことを伝える。
ユリの行方を知らないと嘘をつく圭祐だったが、風太は嘘を見破り、誤解され、
「人間のクズ!」と罵られてしまう。(公式HP

・脚本 …… 吉田紀子 / 演出 …… 清弘誠
・出演 …… 明石家さんま ・ 長澤まさみ ・ 塚本高史 ・ 黒瀬真奈美 ・ 森下愛子 ・ 菅沼等士 ・ 福井博章
        小泉今日子 ・ 市村正親 ・ 蒲生麻由 ・ キムラ緑子 ・ 恵俊彰 etc
・主題歌 …… ザ・ピペッツ 「恋ってカンジ!?」 (ユニバーサル インターナショナル)
・挿入歌 …… ファーギー 「ピック・イット・アップ」 (ユニバーサル インターナショナル)

ハタチの恋人 DVD-BOXハタチの恋人 DVD-BOX
明石家さんま・長澤まさみ・塚本高史

ウィ・アー・ザ・ピペッツプリンセス・ファーギー:The Dutchess+3~決定盤。(期間限定特別価格)


hata__20071216_002.jpg

確証的なことはなかったですが、ユリは圭祐の子供ってことですね。

hata__20071216_003.jpg

そうじゃないと大阪でのシーンとか、思わず新幹線に飛び込んでしまった(親子のDNA)
シーンとかが浮いちゃいますからね。

hata__20071216_004.jpg

ようするに森山リュウだと嘘をついていた圭祐が、絵里から父親だと聞いても
ユリには父親じゃないとまたユリに嘘をついていたけれど、
やっぱり、最後にはバレちゃったね、という話。

hata__20071216_005.jpg

hata__20071216_006.jpg

それにしても、圭祐=ユリの父という設定なら圭祐は別に独身でもよかったんじゃないかと。
そうじゃないと、圭祐の家族たちが不憫すぎて笑い話にもなりまへんがな。

hata__20071216_007.jpg

予定調和の由紀夫の恋も、まあ・・・。
ユリをふったところは、かっこよかったんだけどなぁ~

hata__20071216_008.jpg

とにかく、接待ドラマ以外のなにものでもなく・・・
徒然なるままに、ドラマを道具にした接待を見せられただけ。
TBSのたちの悪さが垣間見える、そんな象徴的なドラマでしょうか。
それにしも、まったくしまらないラストだったなぁ・・・
特別な盛り上がりもなく、はい、時間終了で~す!という感じで終わっただけで、
「で、なに?」と思わず言わずにはいられない。

スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック