FC2ブログ
2007年12月18日

● ガリレオ 最終章 「爆ぜる - 後編 -」

ガリレオ 最終章 「爆ぜる - 後編 -」

湯川は、かつての恩師・木島が海外出張から帰国するのを待って、彼の自宅を訪ねた。
草薙からの連絡で、自然公園で発見された射殺体と、龍仁湖で起きた爆死事件の被害者が
いずれも木島の会社の社員であることを知った湯川は、事件のことを切り出した。
湯川は、どちらの事件の被害者も放射線被爆していたことから、中性子を100%反射する
幻の合金・レッドマーキュリーの研究をいまでも続けているのではないか、と
木島に問いかけた。その合金は、少量のプルトニウムでも原子炉を作ることができるが、
同時に軍事利用も可能な素材だった。木島が帝都大学原子力工学科の教授だったころ、
湯川も彼のチームの一員としてその研究をしていたことがあったのだ。
木島は、当時の自分の考えが間違っていたとは思わない、としながらも、
いまはレッドマーキュリーとは無縁だと答えた。
帰り際、湯川は、ふたつの事件の真相は必ず明らかにする、と木島に告げた。(公式HP

・脚本 …… 福田靖 ・ 古家和尚 / 演出 …… 澤田鎌作
・出演 …… 福山雅治 ・ 柴咲コウ ・ 北村一輝 ・ 品川祐 ・ 真矢みき ・ 渡辺いっけい ・ 林剛史 ・ 葵

        福井博章 ・ 伊藤隆大 ・ 高山都 ・ 坂本真 ・ 泉晶子 ・ 升毅 ・ 本上まなみ ・ 久米宏 etc
・主題歌 …… KOH+(コープラス) 「KISSして」 (ユニバーサル ミュージック)
・原作 …… 東野圭吾 「探偵ガリレオ」 「予知夢」 (文藝春秋)

ガリレオ DVD-BOXガリレオ DVD-BOX
福山雅治 柴咲コウ 北村一輝


フジテレビ系全国ネット月9ドラマ「ガリレオ」オリジナルサウンドトラック探偵ガリレオ (文春文庫)予知夢 (文春文庫)容疑者Xの献身KISSして(DVD付)


gali__20071217_010.jpg

危機を乗り越えるべく頑張る湯川と薫のシーンは、
湯川の変人さもでており、実に面白い訳ですが・・・

gali__20071217_002.jpg

これを見て、恐らく多くの方が違った意味で「レ、レッド・・・マーキュリー・・・」と、
つぶやいたに違いない。なんかのバラエティ番組のような仕掛けじゃ、
さすがにこの重要なシーンにふさわしいとは言えず・・・
物語の導入は良いけれど、最後はササッと駆け足のように終わらせちゃうような
竜頭蛇尾のようなドラマだったのですが・・・最後も、その傾向からか、
東京が半分壊滅すると言われても、このスタイルじゃ・・・緊張感ゼロ。

gali__20071217_003.jpg

ストーリー的にも木島を追い込んでいく過程がなく、あまりにもあっさりと
真実にたどり着いてしまって・・・。
しかも、堀北真希さんに続き本上まなみさんの使い方も・・・こんなちょい役なら、
他の女優さんでいいんじゃないの?
配役で、ひっかけようとするなら、それはそれでもっと、その役を活躍させないと。

gali__20071217_004.jpg

gali__20071217_005.jpg

gali__20071217_006.jpg

まったくつまらない訳ではないし、面白いシーンもある。
でも、トータルでみると良く見ても普通かなというレベルじゃないでしょうか。
一話完結じゃなく、二話完結あるいは三話完結ぐらいで取り組んだ方が、良かったのかも。

gali__20071217_007.jpg

gali__20071217_008.jpg

gali__20071217_009.jpg

結局のところ、第一話が一番まとまってて面白かったかと思います。
正直、面白くなる要素は一杯詰まってた気がするだけに、
もう少しなんとかならなかったのかなと思うと、残念で残念で。
良い食材があっても、それを活かせない料理人じゃ・・・ってことでしょうか。
福山雅治さん、柴咲コウさんという話題性もいいけれど、ドラマの本質は脚本。
豪華なキャストよりも脚本にまず力を入れて欲しい。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●コメントに納得
夜の商売してるもんで、夜ドラはなかなか見られませんが、これは話題になってたので、一時は定期録画して見てましたが、あまりのストーリーの酷さ(及び品川のキャラの杜撰さ)に定期録画を止めてしまっていましたが、偶然にも最終回はリアルタイムで見られたので、最終回ともあり、一体どんな様(ザマ)になっとんのやろと思って見たら、これまたキリンさんの指摘の通りで全くもうって感じでした。
久米宏も奥行きなかったですね。小人が大人ぶる独善ぶりを生のキャラにかぶせたかったからの配役なんでしょうか。
品川にしても渡辺いっけいにしても、こんなアホって現実に現場にいるんですか?
あと、とても恥ずかしい質問です。
偶にしかテレビを見ない人間には、ドラゴン桜の準主役だった(長谷川ナントカ?)と今回の準主役だった女刑事の区別が付きません。この二人は似ているというのは言われることなんでしょうか。個人的に凄く気になります。

>ジュクーグルさん

どうもこのドラマは話題性は抜群だったのですが、中身がついていかなかった感じですね。そして、品川を含めやたらとお笑い芸人が出演していたのも残念な要素のひとつかと思ってます。

芸人の方の演技云々は置いておいたとしても、やはり、コメディでもないドラマでは出演しているだけで、ドラマ自体の質は落ちると思います。どうも役に合ってるかどうかは関係なく大人の事情で決まる配役にうんざりです。

久米さんに関しては主役の福山さんが推薦したらしいですけど・・・お粗末でしたね。ジュクーグルさんのおっしゃる通り、奥行きはないし、最後の相手として相応しい置くのある俳優さんはいくらでもいるのに、って感じです。

品川、渡辺さんの件は、このドラマにコミカルな部分がどれだけ必要だったのか、というバランスの部分に関係してくると思うのですが・・・
自分としては、こういったドラマは基本ミステリアスでシビアに展開していった方が世界観が出ると思うし、その中で、ニヤリとしてしまうようなシーンは湯川と薫のやり取りだけでも十分なような気がするのですが、どうも変な形でコミカル的要素を入れてしまった感があります。

自分の知る限りでは、長谷川京子さんと柴咲コウさんが似てるということは、あまり聞かないのですが、偶にしかテレビを見ないというジュクーグルさんが似てると思うということは、二人とも綺麗だけれど、女優としての魅力や個性がまだまだということなのかもしれません。

自分は、結構テレビを見てるのでそうしたジュクーグルさんのような新鮮な感覚が鈍くなってると思うので、ジュクーグルさんのそうした感覚はすごく参考になります。

とりあえず、この「ガリレオ」は作品自体がもの凄く商売ベースに乗りすぎて作品そのものの質を追求できなかったのが残念ですね。
●ありがとうございます。
好意的なコメントありがとうございました。

私自身、女優を見る目をもっと養いたい。と思いました。
でも、力量が不足してるから似て見えるという指摘もなるほどと思いました。
昔見たスマップの中居君主役の単発ドラマでの、中谷美紀の地方旅館の女将役のあまりの説得力に、この人は凄い人だと思い、一発で覚えてしまったことを思い出しました。

ところで、ガリレオ全体として、福山自体は結構良いなと思って見てました。実際には、あんなに頭も良くて見た目も良い奴なんていないと思いますが、麒麟の田村がホームレス中学生の主役には小池徹平を使って欲しいと言ってるように、テレビの中は、夢の世界でも良いのかもしれないと思っています。
ただし、ホント使われ方次第なんですね。

詰まらぬ質問にもしっかり返信頂き、ありがとうございました。ここへの投稿(?)は、久しぶりでしたが、今回も色々と教えて頂けました。
またいつか新しいドラマでお会いしましょう。(なんじゃそれ)

>ジュクーグルさん

女優さんのインパクトていいうのも、役の魅力にもよりますし、いろんな要素に関係することもありますよね。

最近は、映画・ドラマでは若手の女優さんが主役をはることが多いですが、いきなり最高の結果を求めるのでなく、その女優さんの成長を見ていくのも楽しいものかと思います。

福山さんをはじめ、基本的に自分は役者さんがどうこうとは思わないんですよね。かっこいい役者さんをかっこよく撮った方が良いのか、それともダメなように撮った方がいいのか、すべては演出家の腕の見せ所だと思います。役者を与えられた仕事の中で、どれだけ輝けるかだと思いますし、今回のガリレオでは福山さんは、かっこいい湯川を求められ、その要求には応えていたと思います。

また気軽にいろいろとコメントをください。
勉強になります!
それでは、よいお年を!来年もよろしくお願い致します。
●どうせおいらは
いい年ですよ~

って、これ
「どうぞよいお年を!」と言われたときの私の決まり文句
(失礼しました~)

「M-1グランプリ」への感想
サンドウィッチマンの二人をドラマで見てみたい。
ハリセンボンの左の人は4チャンネルで天気やってる(6チャンネルの森田さんのパクリみたいな)人に似てる。

>ジュクーグルさん

なかなか洒落た返しですね!
自分も、いい年です(笑)

自分としては、基本的に芸人と称する方のドラマ・映画・声優といった分野への進出は否定的なんですよね。
ただ、限定的に違和感のない出演なら良いんですけどね~

それはさておき、
サンドウィッチマンのお二人を気に入ったようですね~もし、サンドウィッチマンが吉本か人力舎ならドラマ出演もいつかは!と思うのですが・・・いかんせん、初めて聞いたような事務所だけにどこまで営業できるかですね。

ある意味、サンドウィッチマンが今後活躍すればM-1=弱小事務所にとってもっとも目指すべき賞になり、より埋もれている逸材がでてくる可能性が高くなり良いものになっていきますよね。

ハリセンボンの太めな近藤春菜さんのことだと思いますが、角野卓造さん、カンニング竹山などなど、いろいろと似てるますよね(笑)

それでは、お互い来年もいい年のまま
良い年になるよう、いろいろと頑張りましょう!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

ダイイング・アイ from 本ナビ!by Tamecom,ガリレオ 最終章 「爆ぜる - 後編 -」
 見ず知らずの男に襲われて頭の骨を折る重傷を負った慎介は、刑事から犯人の素性を知らされる。相手は、1年半前に自分が車で轢き殺してしまった女の夫で、すでに自殺したという。  だが、慎介は事故の記憶を失っていた。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのか。... [Read More]