FC2ブログ
2007年12月29日

● ちりとてちん 第13週 「時は鐘なり」

chiri_20071228_001.jpg

喜代美の必死の働きで、草々の破門騒動は丸くおさまった。草々は喜代美の存在を
意識し始め、喜代美も草々の思い出の座布団を、天狗座での一門会に向けて縫い直す。
そして迎えた一門会当日。詰めかけた客の多さにおじけづく喜代美だが、
草若に「あんたがいなかったら、おれは今でもただの飲んだくれだった」と礼を言われ、
改めて高座に上がる決心を固める。喜代美の「ちりとてちん」は、
満場の笑いと拍手を得て無事終わった。
四草、小草若、草々、草原それぞれの高座も順調に進み、トリの草若の「愛宕山」で
6年振りの天狗座公演は見事に幕を閉じる。(公式HP

・脚本 …… 藤本有紀 / 演出 …… 伊勢田雅也 ・ 櫻井壮一
・出演 …… 貫地谷しほり ・ 和久井映見 ・ 松重豊 ・ 江波杏子 ・ 京本政樹 ・ 佐藤めぐみ ・ 原沙知絵
        渡瀬恒彦 ・ 青木崇高 ・ 桂吉弥 ・ 茂山宗彦 ・ 加藤虎ノ介 ・ 木村祐一 ・ 田実陽子 etc
・テーマ曲ピアノ演奏 …… 松下奈緒

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)
貫地谷しほり


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX II 割れ鍋にドジ蓋ちりとてちん 完全版 DVD-BOX III 落語の魂 百まで「ちりとてちん」オリジナル・サウンドトラックちりとてちん―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)


chiri_20071228_002.jpg

年末にきて、芸能人は結婚ラッシュ。
特にオダギリジョーさんと香椎由宇さんの・・・
もう草原兄さんのトナカイで笑うところじゃ、おまへんがな。
よりによって香椎さんがもう結婚とは・・・最悪や、香椎さんのせいで最悪の年末や!
もう、ちりとてちんどころじゃありません・・・
ということで、今回はこの辺で・・・また来年。

chiri_20071228_003.jpg

うそやちゅーねん

chiri_20071228_007.jpg

今の自分には草若師匠を筆頭に徒然亭一門があれば何があっても最高の年末です。
そんな訳で・・・アホで純情で、おかしくって温かい毎度おなじみ、
そういう連中がでてくるお話を楽しませてもらっています。

chiri_20071228_004.jpg

今週は、初っ端からクライマックス!でして・・・
草若が「あんたがいなかったら、おれは今でもただの飲んだくれだった」と礼を言うシーンは
涙ものです。喜代美が草若と出会ってなければ、
こうして徒然亭一門で、また落語をしてることはなかったでしょうし、
人生というのは、人との出会いを大切しないといけません。

chiri_20071228_005.jpg

そして、師匠、兄さんたちに見守られて・・・

chiri_20071228_006.jpg

堂々と、「ちりとてちん」を披露する喜代美を見てると、
こっちも喜代美を見守る親心と同じ気持ちに。
もう今日が最終回じゃないんだろうかという展開が、たまりません。

chiri_20071228_008.jpg

年季明けの決定的瞬間はなき崩し的に・・・しかし!

「ふるさと、いうんのんは・・・ただ生まれた場所のことを言うんやない。
そねんして、自分で作っていくもんなんやで」


年季明けに、糸子さんから喜代美に捧げられた言葉は最高の年季明け祝いの言葉でした。
これから、落語家としてこの大阪で頑張っていきーや!という
母親の愛情満載の糸子さんらしい、言葉にうるうるです。
そして、この言葉は草々の心にも響くものであったようです。

chiri_20071228_009.jpg

いつも自分のことを見ていてくれて、父親の座布団も何も言わず直してくれたり・・・
所謂、気付くといつも自分のそばには喜代美がいた!っていうやつでんな。
十円のイカ串で最高の笑顔見せてくれる喜代美に惚れない訳がない。
男のツボ・・・経済価値の低いものにも、喜んでくれる女性。間違いない。

chiri_20071228_010.jpg

そんな喜代美と草々の恋に立ちはだかるのが、本来はめでたい年季明け。
人は、無くして初めてその価値・意味が分かる生き物であります。
お互いに「隣から、いなくなるんや」と意識し始めて、やっと大切なものが何なのか、
意識し始めた訳です・・・灯台下暗し。

chiri_20071228_011.jpg

父親の思い出がつまった座布団も、いつしか喜代美が直してくれてから、
喜代美の思いがつまった座布団に・・・。草々のふるさとが、父親から喜代美に。

chiri_20071228_012.jpg

chiri_20071228_013.jpg

chiri_20071228_014.jpg

建前と本音。建前は、ええから本音で話そうや!なんて言われても、本音ばかりの会話じゃ
人間関係はギスギスして、たまりません。こう言ってるけど、本音は、こうなんやろうなぁ~
と、察してこそ良くできた人というものですが・・・
時として、本音でぶつかり合わないと、伝わらない思いというのもございまして・・・
やっと、落語家同士、お隣さん、兄妹弟子といった関係をぬかして男と女として、
喜代美と草々として、本音のぶつけ合い!
一見、喧嘩に見えるこれこそ、二人の愛の告白シーン。

chiri_20071228_017.jpg

小草若をはじめ・・・周りの人も、その空気を読んでます。
小草若兄さん・・・喜代美との恋はダメでしたが、
リアルでの再婚、そ~こ抜け~に、おめでとうございます。

chiri_20071228_015.jpg

一度つきました火は、そう簡単に消せるものでなく・・・
壁をつきやぶるという、まさに喜代美と草々との間にあった壁をぶち壊すシーンは圧巻。
除夜の鐘がボーン!ボーンとなり、年を越えて年季明け=恋愛解禁となって、

ドッカーーーン!

chiri_20071228_016.jpg

A子の時も、最後の最後には言うべきことはちゃんと言う草々なんですよね。

今日から、おまえが俺のふるさと~♪

来年はもっと怒涛の展開になりそうで目が離せません。

※ ちりとてちん放送 備忘録 → http://www3.nhk.or.jp/asadora/b_info.html

スポンサーサイト



メイン

コメント

●ようやく折り返し!?
「ちりとてちん」に関しては毎日、毎週、大・大満足です♪
あまりの充実ぶりに「ようやく3か月なの?」ってなくらい・・・嬉しい悲鳴ですね(*^_^*)

草々がようやくB子こと喜代美の魅力に気が付いてくれたのが素直に嬉しい!
年季が明けると同時に壁ぶち破って告白ってやってくれるじゃん!草々っ!

茂山宗彦くんが結婚離婚をしていて、さらに再婚していたとは全く知りませんでした。
弟さんも役者活動してますよね~「京ふたり」という朝ドラに子役で出ていた頃が懐かしいです。

いよいよ来年は草々が喜代美と結婚???
でも一筋縄じゃいかないんでしょうねぇ~なにせ相手は「ちりとてちん」ですから(爆)

それでは管理人さん、良いお年を!!

>えーちゃんさん

ようやく半分ですね~
毎週毎週、盛り上げてくれるし
テンポもいいので時の流れが狂ってしまいますが、まだまだ前半戦を終えたばかりで、
これから、今以上に盛り上がってくると思うと楽しみで仕方ありません。

草々らしい告白ですよね!
気持ちを押さえる時は、精一杯無理するけど、
これだ!と決めたらストレート一直線の純粋な気持ち一杯の告白で、おお!って感じですよね。

茂山宗彦さんも、このドラマを機に多方面で人気がでそうですよね~
もう、ちりとてちんメンバーの方々をドラマが終わっても気になってしまっていると思います(笑)

そうですよね~
喜代美と草々が結婚して、はい、めでたし!
な~んて、普通の展開には絶対ならないですよね(笑)どんな展開になるやら、楽しみです。

今年は色々とコメントありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
では、よいお年を!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック