FC2ブログ
2008年01月13日

● 交渉人 ~ THE NEGOTIATOR ~ 1 「人質の命は5分!?犯罪交渉人玲子~最初の事件!」

ko_20080110_001.jpg

とある刑務所内の特別接見室で、宇佐木玲子は死刑囚の真里谷と接見していた。
少年課から捜査一課特殊犯捜査係・SITに配属になったことを伝える玲子に、
「日本初の、女性の交渉人誕生だ。おめでとう。君はこれから人の命も操れる」と
祝福をささげる真里谷。そんな中、人質をとっての篭城事件が発生。
装備に身を固めながら、玲子らSITのメンバーたちも現場にかけつける。
現場に着くなり、SIT2係管理官・片山と衝突するSIT5係管理官・桐沢。
ただならぬ緊張感に、新人の甘利は早くもビビってしまう。
犯人の竹本は、アパート二階の一室の窓から元妻の母親である人質の中年女性の頭に
拳銃を押し付け、興奮状態で顔を出している。
「離れろ!! それ以上近づくと、こいつを殺すぞ!! 女房に会わせろ!」と叫ぶ竹本。
SAT狙撃班がすでに各所に配置され、アパートの四方からは警察隊が迫る中、
玲子は静かに犯人の動きを見つめながら心の中でマニュアルを呟く……。(公式HP

・脚本 …… 寺田敏雄 / 演出 …… 松田秀知
・出演 …… 米倉涼子 ・ 陣内孝則 ・ 筧利夫 ・ 笹野高史 ・ 鈴木浩介 ・ 高岡蒼甫 ・ 高知東生
        安めぐみ ・ 林丹丹 ・ 中山恵 ・ 河本麻希 ・ 大杉漣 ・ 高橋克実 ・ 伊武雅刀 etc
・主題歌 …… 湘南乃風 「黄金魂」 (トイズファクトリー)

米倉涼子

やたら米倉さんが張り切ってたので、見ることに。
ただ、どうも所謂普通に思い浮かべる「交渉人」とは、イメージが違うのが・・・。
「交渉」に力点があるんじゃなくって・・・
何故か、加害者の生命を守ることに力点があって、その手段としての「交渉」だったり、
その辺は、拍子抜け。加害者が自殺願望者だろうと何だろうと、
善良な市民に危害が及ばないなら、射殺しようがまったく問題ないと思うけれど・・・。
その辺の宇佐木の言動に説得力を持たせることが出来るかどうかが、
このままダラダラいくのか、面白くなるのかの分岐点になりそう。

中山恵

周りがすべて敵っていうのをどう解消するのかも注目。

林丹丹

林丹丹さんは、これで女優デビュー。
無難に清純な役でなく、すれてる役なのがちょっとした驚き。

スポンサーサイト



メイン

コメント

●なんか・・・
ダラダラいきそうな予感が・・・。(笑)

管理官が、立てこもりの犯人の遺書を
焼いちゃったのにビックリだわ。

自殺したかったんだろうが何だろうが、犯人を
撃ってしまったのは警察として仕方無いのにね。
人質を助けるためだもん。

>あんさん

交渉シーンが本格的じゃないと、
ダラダラいくかもしれませんね~

あの管理官はなんでもありですから(笑)

基本的に現実でも射殺OK派なんで、
人質を助けれるなら、犯罪者の感情とかどうでもいいんですけどね~
どうも現実でもそうですが、警察は結果も過程も重要視して、まどろこっしいのが難点ですね。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック